最近のトラックバック

最近のコメント

Sage's List

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月27日 (金)

1年経ちました

乳がんとの診断を受けたのが去年の3月11日

初めて「化学療法」を受けたのが3月20日でした。

もう1年が経ちました。いや、まだ1年と言うべきでしょうか。

この一年間、いろいろなことがありました。

体重減少、毛髪の脱毛、ウィッグの購入、玄米菜食開始、野草の摂取、がん保険の受給、(ヘルペスによる?)顔面麻痺、視力低下、脱水症状、…。

最近、ようやく食事にはあまり迷わなくなりました。量的なコントロールがまだ出来ておりませんが。

体調も、かなり回復はしてきました。しかしまだ以前のようには動けません。がん診断時からの貧血が治っていないこともありますが、顔面麻痺がまだ残っており、時々右顔面がピクピクします。もともと良くない滑舌も悪化したままなかなか戻りません。

思うように動けない、やりたいこともなかなか出来ないというストレスを、買物で発散したりw

このブログやTwitter、facebookなどのSNSで抗がん剤の害をつらつら述べてみたり。

その成果かどうか、最近は「抗がん剤は使わない方がいい」という考え方はかなり浸透してきているようです。

もっとも、「がん対策基本法」なんていう法律がある以上、製薬会社も医者も、これからも抗がん剤使い続けるんでしょうけど。

抗がん剤は使い続けても、がん細胞がそれに対する耐性を持ってしまうので効かなくなり、そのうちに使える抗がん剤がなくなり、海外に治療に行くしかなくなるそうですし。そのあたりは故・小倉恒子先生の「うまく使って、うまくかわす! 怖くない抗がん剤」に詳しいです。

もっとも、小倉先生は結局治療しきれずに亡くなってしまったわけですが。

ところで、たしかこの方だったと思いますが、海外にはもっと効果的な抗がん剤があるのに日本では認可されてない、とか言うお話をされていました。

はて

抗がん剤の中にも、効果的なものあがあるのでしょうか?

あるなら、何故認可されないのでしょうか?

そういえば

テレビでがんの先進医療について特集していたのを見たことがあります。

陽子線治療とか、重粒子線治療とか。

一カ所から、ではなく、あらゆる方向から粒子を当てるので、がん細胞の部分のみダメージを受けることになり、乳がんなどの固形がんには特に効果があるそうです。そして体の他の部分へはダメージが少ないという特長があるそうです。

手術や抗がん剤や放射線に比べて、体にかける負担を最小限に抑えて、がん細胞を取除くことができる。

画期的ですね。

でも

これらの治療、平均300万円ほどかかるそうです。

非正規雇用なら、一年間働いて得た収入が全て消える額です。

なんでこんなに高いんでしょう?そして、厚生労働省は何故「先進医療」としては認定しても保険適用はしないんでしょう?

続きはもう少し調べてからにします。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ