最近のトラックバック

最近のコメント

Sage's List

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

プレシジョン・メディシン

2016/11/20のNHKスペシャルで、こんな番組が放送されました。

~プレシジョン・メディシンの衝撃~

「日本人の2人に1人がかかる病、がん。その治療が根底から変わろうとしている。――
進行した大腸がんを患う48歳の男性。4度にわたる再発を繰り返し、手術不能とされていた。しかし、ある薬の投与によって腫瘍が43%も縮小。職場への復帰を遂げた。投与された薬とは、なんと皮膚がんの一種、メラノーマの治療薬。今、こうした従来では考えられなかった投薬により劇的な効果をあげるケースが次々と報告されている。背景にあるのは、がん細胞の遺伝子を解析し速やかに適切な薬を投与する「プレシジョン・メディシン(精密医療)」だ。日本では去年、国立がん研究センター東病院など全国200以上の病院と10数社の製薬会社によって「SCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)」と呼ばれるプレシジョン・メディシンのプロジェクトが始動した。進行した肺がんと大腸がんを中心に、がん細胞がもつ遺伝子変異を詳細に解析。効果が期待できる薬を選び出して投与する。これまでに7000人近くの患者が参加し、肺がんでは1/8の人に薬が効く可能性のある遺伝子変異が見つかった。100人ほどが実際に臨床試験に入っている。このプロジェクトに参加する患者に密着しながら、プレシジョン・メディシンはがん治療をどう変えようとしているのか、がん患者とその家族に何をもたらすのか、先進地のアメリカの最新事情とともに、その可能性と課題を見つめる。」

これ、私も見ました。裏番組のお笑いも見たかったのですが、ブログネタになるかもと思ってこちらにしましたw

がん細胞は正常細胞の遺伝子が変異し、異常増殖するようになったものと言われています。
そしてその遺伝子変異の型によって効果のある薬が違うのだそうです。

その遺伝子変異を見極めて「効果のある分子標的薬」を投与することで、腫瘍をかなり小さくすることに成功した、というケースが幾つか紹介されていました。

オンデマンドでも見れるようなので興味のある方はどうぞ。

しかし

分子標的薬、って言っても、アルキル化剤などの抗がん剤と大して変わらないようです。

前回の記事にも書きましたが、被験者の9割が死亡したという「マイロターグ」。これも実は分子標的薬です。副作用は強く現れます。

また、このブログで何回もご登場をお願いしておりますこの方。

小倉 恒子 先生。

うまく使って、うまくかわす!怖くない抗がん剤   小倉 恒子 https://www.amazon.co.jp/dp/B009L1W07A/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_pfHpybPC9KE59

本はもちろん存命中に書かれたものですが、晩年はドラッグラグ解消推進のための活動をしてらしたそうです。

がん細胞が抗がん剤に対する耐性をつけてしまうという現象、ADG(Anti Drag Gene、反抗がん剤遺伝子)を変異させるという現象が起きて、抗がん剤が効かなくなってしまうのです。すると新しい抗がん剤が必要になるわけです。

こうしてこの方は抗がん剤を次々に変えていくしかなく、最後には使える抗がん剤が無くなって輸入するしかない、しかし認可が…、じゃあ海外に行って、…という活動をされているうちに亡くなったそうです。

そう、「抗がん剤」って、名前だけ聞くと効きそうですが、それ自体発がん性がある(正常細胞の遺伝子を変異させてしまう)し、遺伝子変異させて抗がん剤が効かないようにがん細胞を強化してしまう、というむしろ「増がん剤」なのです。

1985年にはアメリカ国立ガン研究所のデヴィタ所長は「癌の化学療法は無力。がん細胞は反抗がん遺伝子(ADG)を変化させ、抗がん剤毒性にすぐに耐性を獲得する。」と議会証言を行っていたそうです。今から30年以上も前ですね。厚生労働省のお役人も知っているそうです。

おりしも今日のNHKあさイチでは「耐性菌」について特集しておりました。

MRSAに抗生物質がきかなくなるように、がんにも抗がん剤が効かなくなる。

おそらく、分子標的薬でも同じだと思います。

これって…どうなんでしょうねぇ?

…でも、こんなこと書いてるとご近所あたりから何か言われるかも…。

というのも、このあたりは「企業城下町」。某メーカーグループが、お祭りやイベントなどの大口スポンサー。関連企業で働いている方も多く、税金なども多く払っていることでしょう。実は我が家もその恩恵に与かっております。

そしてそのグループ企業の一つが、番組の中にも登場したがん細胞の遺伝子を調べる機械「遺伝子シーケンサー」を、扱ってるらしいのです。

この番組がきっかけで、興味を持った患者さんも多いでしょう。もしかしたら導入を検討している病院や検査機関などもあるかもしれません。

そしてその企業が増産増益となれば、この地域も潤うことになりますね。もちろん我が家も。

やれやれ…私もBlack Paradeの一員か…。

せめてこういう情報を流すボランティアをすることが免罪符になれば、と思います。

2016年11月25日 (金)

薬機法

先日、医師について書きました。

今日は、薬について書いてみようと思います。

私が打たれた抗がん剤は、「シクロフォスファミド」。アルキル化剤の一種です。

アルキル化剤は、アルキル基と呼ばれる原子のかたまりをがん細胞のDNAに付着させ、らせん状にねじれた二本のDNAを異常な形で結合させて、DNAのコピーができないようにさせるものです。

アルキル化基が結合した状態でがん細胞が分裂・増殖しようを続けようとすると、DNAがちぎれてしまうため、がん細胞は死滅します。そのため、腫瘍は縮小します。

が。

このアルキル化剤、正常細胞の分裂・増殖も抑制してしまいます。

というより、当初はその「正常細胞の分裂・増殖を抑制する」ことの方が目的の薬剤でした。

当初の名前は「イペリット」。第一次世界大戦でドイツ軍が使用し、数千人に中毒者を出し、100人近くが亡くなったのだとか。

そう、実は、医薬品ではなく、兵器として作られた「毒ガス」だったのです。

このガスの毒性はとても強く、研究者がその毒性の強さに研究を諦めたりしたそうです。

ところがその後、化学兵器の使用は禁止されてしまいます。

しかし、どこの国も密かに研究を続けていました。

日本でも実は、作っておりました。広島県大久野島で作られ、工場作業員が何人も中毒になったり肺がんを発症したりしたそうです。

当初は「からし」のにおいがするので「マスタードガス」などとも呼ばれました。しかしそれでは毒ガスの存在がにおいでバレてしまいます。そこで硫黄を窒素に置き換えた「ナイトロジェン・マスタード」が出来ました

そして第二次大戦が終了。冷戦時代に突入すると、作ってしまった毒ガスをどうするか?という問題に直面します。

1943年のイタリアのバーリ空襲におけるジョン・ハーヴェイ号事件では、アメリカ船籍のジョン・ハーヴェイ号に積んであったマスタードガス爆弾2000発から、マスタードガスが大量に海中に流出しました。

そして周囲の民間人や、事故処理作業にあたった作業員が中毒になってしまうのですが、この時、「マスタードガスにより白血球数が減少する」という現象がみられました。

そのため、白血病の薬として使われ、さらに他のがん患者に対しても治験が行われました。

そして生まれたのが「シクロフォスファミド」。商品名は「エンドキサン」。世界で一番売れている抗がん剤だそうです。副作用の少ない日本製の「ナイトロミン」という薬もあったそうですが、何故か使われなくなりました。

元が「毒薬」ですから、副作用がひどいのは当たり前です。

いわゆる「抗がん剤」というのは、このような薬ばかりです。

例えば、「マイロターグ」という薬があります(ゲムツズマブ オゾガマイシン Gemtuzumab ozogamicin)。白血病などの治療薬として使われるそうです。

ですがこの薬、「臨床試験において、本罪に関連したと考えられる死亡例が認められている。」そうです。

臨床試験については、添付文書では20例中5例が良好であるように書かれていますが、実際に調べてみると

なんと

臨床試験(第Ⅰ相・第Ⅱ相)338例中306例(90.5%)で被験者が死亡。

主な死亡原因は、肺出血、脳内出血、敗血症、肺炎等の副作用及び原疾患の悪化、だそうです。

そのため、この薬を承認しない国もありました。承認した国も10か国ほどありましたが、承認取り消しが相次ぎ、今でも「薬」として承認しているのは日本だけ。

これ…「薬」なんですか?「毒」なんじゃないの???

ちなみに薬機法第14条には

「申請に係る医薬品又は医薬部外品が、その効能又は効果に比して著しく有害な作用を有することにより、医薬品又は医薬部外品として使用価値がないと認められるとき。」

には、

前項の承認は、与えない。

とあります。前項とは

「医薬品(厚生労働大臣が基準を定めて指定する医薬品を除く。)、医薬部外品(厚生労働大臣が基準を定めて指定する医薬部外品を除く。)又は厚生労働大臣の指定する成分を含有する化粧品の製造販売をしようとする者は、品目ごとにその製造販売についての厚生労働大臣の承認を受けなければならない。」

つまり、

効果に比して著しく有害な作用を有することにより、医薬品として使用価値がないと認められるときには、製造販売についての厚生労働大臣の承認は与えない。
と決められているのです。

決められているはずなのに、何故か、厚生労働省のお役人には、無視されているようです。

何故、日本でだけ使われ続けているのでしょう?

敗戦国(国連でいう「敵国」)だから、或いは有色人種の国だから、仕方ない、ということなのでしょうか???

発売時期から推測すると、本田美奈子さんにも使われた可能性があるそうです。

ご冥福をお祈りいたします。

※2014年に「薬事法」は改正され「薬機法」になったのを把握しておりませんでした。訂正しました。

フィットネスについて 6 BODYCOMBAT

先日鼠径ヘルニアで入院しましたが、そのきっかけとなったのは前日に某フィットネスクラブに行って参加した、BODYCOMBAT30のクラスでした。

BODYATTACKとの違いを出そうと、ちょっと腰を入れて、格闘技風のニーキックなどをやっていたら腹圧が上がってしまったのか腸が何やら動いたのか、帰宅後にものすごい痛みが襲ってきました。

そして入院し、退院してきたわけです。その後はBODYCOMBATのクラスには参加しておりません。

そのBODYCOMBATですが、プログラムディレクターのダン・コーエンさんにお子さんが生まれたそうです。Facebookに画像がアップされておりました。おめでとうございます。

ところで、レイチェルの方はどうなんでしょう?

入院中、ツイッターにこんなリンクが流れてきました。

Vol.54 時代を飾るキウイ レスミルズ・ボディジャム・ディレクター
http://www.ecube.co.nz/backnumber/54

いつもコリオ動画に一緒に写っているダンとレイチ、一度結婚したらしいんですが、どうやら別れたようですね。

結婚したのはいつでしたか?これは2006年、まだ独身だった頃のようですので、その後の2007年か2008年あたりでしたでしょうか。

私はそのニュースを聞いた時に、こう思いました。

「ふーん、ならこの後しばらくしてレイチが妊娠したらどうするんだろう。他の人に交代するのかな。出産して戻ってきて『ママさんディレクター』か。あちらの方が女性の社会進出は進んでるから、そうなるんだろうな。」

しかし、予想に反してレイチの出産休暇はありませんでした。

なんでだろう?とずっと考えていたのですが…。

上記リンク読むと、レイチはアスリートでもなく運動生理学の専門家でもなく、「パフォーミングアーツ」を学んでいたミュージカル女優志願の女の子だったのですね。

いやぁ…私はてっきり、レイチは何かスポーツをやっていたアスリートで、それでフィットネスの仕事始めて、それでたまたま関係者の目にとまって…だと勝手に想像していたのですが。ダンスや演技をやっていたのですか。驚きました。

とても格闘技の動きには見えないあの動画の動きも納得です。

レスミルズにコリオグラファーやディレクター志願で集まってくるインストラクターは多いと思います。

しかし、世界中に動画でもって広めるには、インストラクターとしての実力だとか知識などよりも、「美人」のプレゼンターが必要。それも「白人」の。

イギリスでパフォーミングアーツを学んでいた若く美しいレイチと、格闘技経験のあるダンのコンビは、うってつけだったのでしょう。

だから、ボディコンバット部門の欠員が出た時に、世界各国からの大変な数の応募者の中から選ばれたのですね。

納得しました。

代わりはなかなか見つからないでしょうね。それに見つかったとしても、継続してやってもらうか、レイチに復帰してもらうか、などいろいろ面倒ですし。

そしておそらく本人も、出産による身体の変化や、育児との両立、キャリアの維持などで悩んだのだろうと思います。

2012年頃には、離婚していたようです。

レスミルズ(に限らずプレコリオプログラムの配布元)がインストラクターに求めるものも、おそらく見た目とか演技力とか、そういうものなんでしょうねぇ。

BODYCOMBATマニアの皆さんも、レイチに近づきたかったら格闘技などではなく、例えばこんなところで、歌やダンスや演技などのミュージカルのスキルを磨いたりしたらいいのかもしれませんねw

ああ、ちなみに私も学生の頃、劇団に片足突っ込んでましたっけw 今思い出しましたwww



11/26追記

離婚の原因はもしかしたら不妊かもしれませんね。

女性アスリートが無月経になったりするのはよくありますし。

激しい運動を毎日何時間も、その結果としての低体脂肪、汗をかいたらシャワー、スポドリにプロテイン、ワークショップやイベントでの出張、多忙、ストレス。

まぁ、仕方ないでしょうね。

レスミルズインストラクターの女性達の中にはレイチをロールモデルとしている人も多いと思いますが…どうなんでしょうねぇ。

2016年11月17日 (木)

医師法

ツイッターには医師を名乗る匿名アカウントが多数ある、と、以前の記事で書きました。

なとろむ@NATROM
afpid@AfpidShounika
io302@io302
病理医ヤンデル@Dr_yandel
ひとり産婦人科医@obgynem
...

検索すれば、いくらでも出てきます。

何故、実名で書かないのでしょうか?実名で、働いている医療機関名も出してツイートすれば、特に開業医など宣伝にもなると思うのですが。ねぇ。


ところで。

製薬会社研究開発費ランキング…1000億円超は5社、大日本など2桁増
http://answers.ten-navi.com/pharmanews/6910/

製薬会社の研究開発費。すごい額ですねぇ。単位は円ではなく「百万円」ですからね!お間違いのないように。

そのおカネがどこへ行くかというと、ちょっと古いデータですが

製薬会社から医師らへのお金の流れ:2012年度は4700億円超
http://scienceandtechnology.jp/archives/1650

このサイトの下の方、参考ウェブサイトのリンク先をクリックすると、製薬会社がどこにどれだけおカネを払っているかが分かります。請求すれば、病院名とか医師名も教えてくれるみたいです。

…ということは。

SNSには名前出せない人、出したくない人もいるでしょうねぇ。よくわかります。

そうそう、この人も匿名。この名前はペンネームだそうです。

村中璃子@rikomrnk




ちなみに

医師法第18条には、こう書いてあります。

「第一八条 医師でなければ、医師又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。」

実名でなければ、医師かどうかの確認は出来ないんですけども。

2016年11月 9日 (水)

読売新聞ヨミドクターの記事より

昨日、ツイッターのタイムラインにこんな投稿が流れてきました。

読売新聞yomiDr.(ヨミドクター)

【子宮頸がんワクチン特集】第4弾は、ワクチンを打った後の体調不良に苦しんだ立場から10代後半の女性とその母親のお話です。どういう症状に苦しみ、どのように治ったのかをお伝えします。
https://twitter.com/yomiDr/status/795907514927841284

リンク先にはこんな文章が。

「全部で3回接種しなくてはならないので、中学2年の6月に2回目を打ちました。その2日後に、打ったところに直径3センチほどのしこりができて、痛くてたまらなくなりました。クリニックに行くと、医師からは「よくあることだよ」と言われました。その後、痛みは治まり、3回目は打たずに、しばらくは打ったことも忘れて過ごしていました。」

「地元の公立高校に進学し、1年生の5月頃、だるさや眠気がひどくなり、「学校に行きたくない」という気持ちが強くなりました。心身がつらくて仕方ないのです。心療内科を受診すると、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)の傾向があります」と言われ、抗不安薬やADHDの薬を処方されました。」

「1年生の11月頃、両手の薬指の根元が腫れました。小児科で血液検査を受けましたが、異常はなく、間もなく腫れも引きました。その直後の元旦、今度は急に首が痛くなりました。数ミリ動かしただけで激痛が走り、体を動かすことができません。レントゲンで異常はなく、そのうち、両足の薬指も腫れ出しました。その頃から、友達から「急に性格が変わった」とも言われ、突然、不機嫌になってしゃべらなくなったりしていたようです。不整脈もあり、心電図検査もしましたが、異常はありませんでした。次々と体調が悪くなるので、私の体はどうしてしまったのだろうかと、不安でたまらなくなりました。」

「心配した母がインターネットでいろいろ調べて、子宮 頸けい がんワクチンを接種した女の子が同様の症状を訴えているのに気づき、被害者の会に連絡しました。「子宮頸がんワクチンの副反応ですよ」と言ってもらい、原因が見つかってホッとしました。」

「ワクチンを打ったクリニックに行き、診断書を書いてもらおうとしましたが、医師はあまり話も聞かずに「それが原因とは思えない」と書いてくれず、とても腹が立ちました。」

「そのうち、腰も痛くなってきて、整形外科にも通うようになりました。コルセットをつけて通学するようになりました。2年生になる直前の春休み、紹介してもらった神戸市内の接骨院に行きました。ワクチン接種後に体を悪くした人たちがたくさん通っていると評判のところでした。」

「そこで、先生にこれまでの経緯や症状を話すと、じっくり話に耳を傾けてくれました。こんなに話を聞いてくれた先生は初めてです。触診もして、先生は「たぶんワクチンの副反応かもしれないね。治るから心配しなくていいよ」と言ってくれました。」

「私はとてもホッとして、うれしくなりました。今まで「治る」と言ってくれる人はいなかったのに、この先生は治ると断言してくれたのです。それに、一般の病院ではワクチンの副反応であることを否定されていましたが、この先生は初診でワクチンとの関連を完全に否定はしませんでした。それまでずっと、「治らなかったらどうしよう。みんな大学受験をする学校で、これから受験勉強が大変になってくるのに、自分だけ取り残されたらどうしよう」と不安でたまらなかったので、先生の言葉で本当に安心しましたし、希望がわいてきた気がしました。半日ぐらいかけて施術をしてもらい、帰りはすたすた歩けるようになっていました。」

「接骨院に通い始めて3か月で首の痛みはなくなり、そのうち腰の痛みもなくなりました。」

「3年生の夏前にはすっかり回復して、先生には「もう来なくていいよ」と言ってもらえました。その後、現役で大学にも合格しました。」

「私に起きた体調不良は、ワクチンのせいだと思っています。受けなければ良かった、無料じゃなかったら受けなかったのに、とも思います。」

「接骨院の先生からは、「注射の痛みや不安への心身反応がきっかけになって表れた心因性の症状だ」と説明されました。私は今、この説明に納得しています。ワクチンの成分が影響しているのか、どういう仕組みで痛みが出てくるのかはよくわかりませんが、私の場合、注射が引き金になって心の問題が体の症状になって表れてきたということには思い当たる節があります。転校してから勉強に追いついていくのも大変な思いをしましたし。」

副反応被害が治った、という被害者さんです。良かったですね。

被害は「心因性」のものと言われ、被害者本人もそれで納得しているとか。マスメディアはどうしても「心因性」にしたいようですね。

しかし、この診断、医師の診断ではありません。

「接骨院」での診断ですから、おそらく柔道整復師さんの診断でしょう。

ここで幾つか、疑問があります。

指の腫れはどうなったのか?

この被害者が痛みを訴えても無視して話を聞かずワクチンとの関連をとにかく否定し、「心因性」の診断すらしなかった医師達は一体何者なのか?そこで話を聞いていたらもっと早く回復したのではないか?ADHDの薬はこうした症状には効果ないのか?

柔道整復師は「骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・筋健などの治療を行うことができる」そうだが、施術では心因性のものも治るのか?

まぁ、上記内容は天下の読売新聞の報道ですし、被害者さんの訴えなので事実なのでしょう。

というわけで、やはり子宮頸がんワクチン被害というのは、「副反応らしき被害があっても医師にワクチンとの関連を無視された」場合に起こる「医原病」である、ということですね。

また、「心療内科の処方薬よりも柔道整復師の施術の方が心因性の腰痛などに効果がある」ということ。


結局、ワクチン接種後に具合が悪くなったら、病院に行くのではなく、接骨院・整骨院などに行く方がいい、というお話でしたw








« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ