最近のトラックバック

最近のコメント

Sage's List

« 薬機法 | トップページ | インフルエンザワクチン »

2016年11月30日 (水)

プレシジョン・メディシン

2016/11/20のNHKスペシャルで、こんな番組が放送されました。

~プレシジョン・メディシンの衝撃~

「日本人の2人に1人がかかる病、がん。その治療が根底から変わろうとしている。――
進行した大腸がんを患う48歳の男性。4度にわたる再発を繰り返し、手術不能とされていた。しかし、ある薬の投与によって腫瘍が43%も縮小。職場への復帰を遂げた。投与された薬とは、なんと皮膚がんの一種、メラノーマの治療薬。今、こうした従来では考えられなかった投薬により劇的な効果をあげるケースが次々と報告されている。背景にあるのは、がん細胞の遺伝子を解析し速やかに適切な薬を投与する「プレシジョン・メディシン(精密医療)」だ。日本では去年、国立がん研究センター東病院など全国200以上の病院と10数社の製薬会社によって「SCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)」と呼ばれるプレシジョン・メディシンのプロジェクトが始動した。進行した肺がんと大腸がんを中心に、がん細胞がもつ遺伝子変異を詳細に解析。効果が期待できる薬を選び出して投与する。これまでに7000人近くの患者が参加し、肺がんでは1/8の人に薬が効く可能性のある遺伝子変異が見つかった。100人ほどが実際に臨床試験に入っている。このプロジェクトに参加する患者に密着しながら、プレシジョン・メディシンはがん治療をどう変えようとしているのか、がん患者とその家族に何をもたらすのか、先進地のアメリカの最新事情とともに、その可能性と課題を見つめる。」

これ、私も見ました。裏番組のお笑いも見たかったのですが、ブログネタになるかもと思ってこちらにしましたw

がん細胞は正常細胞の遺伝子が変異し、異常増殖するようになったものと言われています。
そしてその遺伝子変異の型によって効果のある薬が違うのだそうです。

その遺伝子変異を見極めて「効果のある分子標的薬」を投与することで、腫瘍をかなり小さくすることに成功した、というケースが幾つか紹介されていました。

オンデマンドでも見れるようなので興味のある方はどうぞ。

しかし

分子標的薬、って言っても、アルキル化剤などの抗がん剤と大して変わらないようです。

前回の記事にも書きましたが、被験者の9割が死亡したという「マイロターグ」。これも実は分子標的薬です。副作用は強く現れます。

また、このブログで何回もご登場をお願いしておりますこの方。

小倉 恒子 先生。

うまく使って、うまくかわす!怖くない抗がん剤   小倉 恒子 https://www.amazon.co.jp/dp/B009L1W07A/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_pfHpybPC9KE59

本はもちろん存命中に書かれたものですが、晩年はドラッグラグ解消推進のための活動をしてらしたそうです。

がん細胞が抗がん剤に対する耐性をつけてしまうという現象、ADG(Anti Drag Gene、反抗がん剤遺伝子)を変異させるという現象が起きて、抗がん剤が効かなくなってしまうのです。すると新しい抗がん剤が必要になるわけです。

こうしてこの方は抗がん剤を次々に変えていくしかなく、最後には使える抗がん剤が無くなって輸入するしかない、しかし認可が…、じゃあ海外に行って、…という活動をされているうちに亡くなったそうです。

そう、「抗がん剤」って、名前だけ聞くと効きそうですが、それ自体発がん性がある(正常細胞の遺伝子を変異させてしまう)し、遺伝子変異させて抗がん剤が効かないようにがん細胞を強化してしまう、というむしろ「増がん剤」なのです。

1985年にはアメリカ国立ガン研究所のデヴィタ所長は「癌の化学療法は無力。がん細胞は反抗がん遺伝子(ADG)を変化させ、抗がん剤毒性にすぐに耐性を獲得する。」と議会証言を行っていたそうです。今から30年以上も前ですね。厚生労働省のお役人も知っているそうです。

おりしも今日のNHKあさイチでは「耐性菌」について特集しておりました。

MRSAに抗生物質がきかなくなるように、がんにも抗がん剤が効かなくなる。

おそらく、分子標的薬でも同じだと思います。

これって…どうなんでしょうねぇ?

…でも、こんなこと書いてるとご近所あたりから何か言われるかも…。

というのも、このあたりは「企業城下町」。某メーカーグループが、お祭りやイベントなどの大口スポンサー。関連企業で働いている方も多く、税金なども多く払っていることでしょう。実は我が家もその恩恵に与かっております。

そしてそのグループ企業の一つが、番組の中にも登場したがん細胞の遺伝子を調べる機械「遺伝子シーケンサー」を、扱ってるらしいのです。

この番組がきっかけで、興味を持った患者さんも多いでしょう。もしかしたら導入を検討している病院や検査機関などもあるかもしれません。

そしてその企業が増産増益となれば、この地域も潤うことになりますね。もちろん我が家も。

やれやれ…私もBlack Paradeの一員か…。

せめてこういう情報を流すボランティアをすることが免罪符になれば、と思います。

« 薬機法 | トップページ | インフルエンザワクチン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161243/64562744

この記事へのトラックバック一覧です: プレシジョン・メディシン:

« 薬機法 | トップページ | インフルエンザワクチン »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ