最近のトラックバック

最近のコメント

Sage's List

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月25日 (火)

がん関連本書評:子供向けの本

私は地域で読み聞かせボランティアとして活動をしており、その一環として民話の再話などもしております。

具体的には民話紙芝居を作成しているのですが、その時に注意していることは、

・絵に関しては、時代考証を徹底的に調べ、適正でないものは極力排除する。(あえて使う場合もあるが限定的)
・脚本に関しても、方言や身分による違い、風刺的意味などを調べて、適正なものを使う。

これが私の方針です。

しかし

子供だったら何を教えてもウソかホントか分からないだろう、とばかりに、ウソを書いたり、誇張・矮小表現を平気で使ったり、大切なことなのにあえて書かなかったり、という方々もいらっしゃいます。

例えばこのシリーズ本。

まんが社会見学シリーズ
https://www.kodansha-bc.com/cinfo/manga-publication-page

香だの化学繊維だのガムだのチョコレートだの…もっと重要なことがあるだろう!と言いたくなるようなこれらの本。

学校に寄贈されています。

ということは

「スポンサー」がいるんです。

さて?

まぁ、だいたい察しはつきますね。

例えばコレ。

大研究!知っておこう!がんのこと
https://www.kodansha-bc.com/cinfo/manga-publication/aflac_bc_2015/

はい、URLの最後の部分見ただけでお分かりですね。

「aflac_bc_2015」ええ、例のあの保険会社が協力しています。

まずは、ご覧になってみてください。ネット上で、フリーで閲覧可能なので。


主人公は小学生の男の子。

そのいとこに保険会社の営業社員。おじいちゃんが肺がんで亡くなったのをきっかけにがんに関心を持ち、この会社に入社したという設定。

主人公のお父さんが大腸がんになったので、いとこにがん保険の給付金の支払いを頼むついでにがんについて説明してもらうことに。

しかしその説明が。

・まずは「がんが増えたのは高齢化社会になったから」という説明
・このお父さんが40代ですが、というツッコミでようやく「昔とは生活習慣が変わったから」(最初からそう説明すべき)
・がんのリスク要因として出てくるのは「欧米型の食事で脂肪を摂りすぎてる」(大腸がんのリスクは脂肪よりもむしろ動物性たんぱく質の方が高いことを無視)
・タバコを必要以上に悪く描いている印象(喫煙率が低下しても肺がん、咽頭がん罹患者などが全く減らない矛盾を無視)

そしてお父さんの大腸がん治療。

・当然治療法は「三大療法」のみ記載(コラムには最先端のがん治療としてワクチンも載っている。まさかHPV?)
・大腸がんに関して「食事制限は一切なし」(砂糖やブドウ糖などの糖分、動物性たんぱく質などを制限して野菜多めにすべきでは?)
・大腸がんステージⅢなのに人工肛門になる可能性など一切記載なし
・がんをやっつけるゲン担ぎで「カニさんウィンナー」(加工肉には大腸がんリスク有)
・お医者さんは「正解を知っている」(ならば何故がん死亡者数が減らないのか?)
・後半ようやく「野菜・果物多め」が出てくるがやはり糖分・肉類に関する記述はない

術前放射線治療でがんを小さくし、腹腔鏡手術で切除、再発防止の抗がん剤治療。

三大療法フルコースですねw

しかし放射線治療に関しては副作用の記載が少々ありますが、手術の痛み、抗がん剤の副作用については一切記載なし。

がんの治療は長期間かかるけど、QOL(生活の質)はそれほど下がらないという印象付け。

お父さんは術前療法から長期休暇を取得。術後も定期的に通院するけど、職場では退職を余儀なくされたり上司に嫌味を言われたりすることはなかった模様。

そして主人公が「カニさんウィンナー」を食べる絵で終わり。


次はこの「主人公」ががんになる番、ってことですね。


やれやれ…こんな本が学校図書館に寄贈されているんですよ。

恐ろしいですね。


こんなのを野放しにしてはいけない、と、私自身何か出来ないかと、病児保育や学童保育などを考えたりしましたが。

いかんせん、抗がん剤の薬害で弱りきった身体では、パワフルな子供達の面倒を見ることは出来ません。

図書館に「この本を置くな!」などとクレームをつけたりする行為は、「言論の自由」の精神に反しますので行いたくありません。

しかしやっぱり何とかしたい。

同じように何とかしたい、何とかしなければ、という方は、子供達に向けて、或いは子供達の親の世代に向けての情報発信を考えてみてください。

よろしくお願いします。

2017年4月23日 (日)

医療とヨガ

二か月ほど前(2017/2)、「乳がん・がん患者のためのリハビリヨガセラピー」というのを受けてきました。

ところが

これがとんでもない代物でした。

「メディカルヨガインストラクター」であることを売りにしているインストラクターさん。アメリカにも研修に行ったとか10年やってるとか母が患ったのをきっかけにとか、プロフィールにはいろいろと書いてありました。

私は昨年秋に入院してからというもの身体が弱ってしまい、あまり動けない状態が続いており、何とかリハビリせねばと思っていた矢先でした。無料ということもあり、受けてみました。


ところが

リハビリどころか、乳がんをむしろ悪化させるような、胸の筋肉を動かす空手を模した動きや、「ため息をつく」など、リハビリでもセラピーでもなく、さらにはヨガともいえないような、詐欺的な内容でした。

しかし

ある程度予測はついてました。

その「メディカルヨガ」とやらの発祥が、インドではなくアメリカだったからです。

ユースタス・マリンズ著「医療殺戮」という本を読んでみてください。

アメリカで如何に「効果のある代替療法」が駆逐され、毒薬まがいの薬や身体状態を悪化させる療法が標準とされてきた経緯が、事細かく描かれていたからです。

フィットネスの発祥もアメリカ。スタジオプログラムを新たに作り、インストラクターを大量生産しライセンス契約をしてプログラムを実行させる。これも、各地に伝わる伝統的な武術や踊りなどを駆逐するためのもの、と言っても過言ではないでしょう。

特にフィットネスヨガに関しては、身体全体の歪みをとることを目的に、アサナの見た目よりもアライメントを正しく行う、そのためのプレパレーションも念入りに行うインド式のヨガとは違い、なんとなくヨガっぽいポーズをとれてればOK!みたいな軽いものになってます。

その結果、フィットネスヨガは本来のヨガとはかけ離れたものになりました。

メディカルヨガも、その程度のものでした。

何しろ「がん患者のためのリハビリ」と言いつつ、鬱状態を改善したいという方も参加されていました。

おそらく、腫瘍や傷痕周辺のケアや、乳がんに関連していると言われる女性ホルモン、そのホルモンバランスの改善や、むくみその他がん患者に特有な症状の改善などはハナから考えておらず、メンタル面でのケアのみを目的としたものなのでしょう。

「動いて脳内麻薬出してスッキリ、これでがん患者もハッピー!」

みたいな。これではレスミルズと大差ありません。


最近ではネット上で「月経血コントロールヨガ」というものを何度か見かけました。

月経血、コントロールできますよ。ええ、私も気付いたら出来てましたから。

しかし

「月経血コントロールヨガ」の内容はどうやら、骨盤底筋群などを鍛えるのみのものになっているようです。

これだけではコントロールなんぞできません。

まずは「生理痛改善ヨガ」からでも始めるべきでしょう。

生理痛は、必ずあるものではありません。

痛む人は、どこかに異常があるのです。生理痛はそれを知らせてくれているのです。

ヨガでそれを改善することは出来ます。

しかし、フィットネスヨガではそれをやりません。

何故なら

「痛み止めが売れなくなる」からです。

酷い人は産婦人科で低用量ピルを処方してもらっているかもしれません。

それも、ヨガで生理痛が改善してしまっては、必要なくなってしまいます。

だから、「生理痛改善ヨガ」ではなく「月経血コントロールヨガ」と銘打つのです。

「月経前症候群改善ヨガ」でも良さそうですが、何故「月経血コントロールヨガ」なのか?


まぁ…あれですよ。

前にも書きましたね。3S政策

月経血をコントロールするために、膣周辺を鍛える。

そうすると、下卑た男などはこう言ってくることでしょう。

「へぇ、じゃあその『月経血コントロールヨガ』やると、アッチの方の締まりが良くなるわけ?www」

ヨガにこういうイメージを持たせたいのでしょう。

アホらしい。

「フィットネス」って大概そんなものです。真面目にやるとバカを見ますのでお勧めはいたしません。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ