最近のトラックバック

最近のコメント

Sage's List

« がん関連本書評:子供向けの本 | トップページ | 病院の骸骨 »

2017年5月 5日 (金)

がんと糖質制限

がん細胞のエサは糖質だ、という説があります。

1931年にノーベル生理学・医学賞を受賞したドイツの生化学者、オットー・ワールブルグ博士が発見しました。糖尿病患者ががんを発症すると尿糖が減ることや、ブドウ糖の入った培養液にがん組織や正常組織を入れて培養する実験で、がん組織ではブドウ糖の消費量が極めて高いという結果を得たそうです。

がんの検査法で「PET:陽電子放射断層撮影」というものがありますが、これは、がんがブドウ糖を取り込みやすいという性質を利用して、フッ素の同位体で標識したブドウ糖を注射し、この薬剤ががん組織に集まるところを画像化することで、がんの有無や位置を調べるものです。

なので、糖分の摂取を極力抑えるという最近流行の「糖質制限」食にすれば、がんも悪化しない、再発したり転移したりしない、という説があります。

本当でしょうか?

私は実際に試してみましたが…残念ながらあまりいい結果ではありませんでした。むしろ悪化しました。

どういうことなのでしょう?



そもそもがん細胞はどうやって増えるものなのでしょうか。

国立がん研究センターがん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/knowledge/cancerous_change.html

というサイトによりますと、


がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に2個から10個程度の傷がつくことにより、発生します。これらの遺伝子の傷は一度に誘発されるわけではなく、長い間に徐々に誘発されるということもわかっています。正常からがんに向かってだんだんと進むことから、「多段階発がん」といわれています。

傷がつく遺伝子の種類として、細胞を増殖させるアクセルの役割をする遺伝子が、必要ではないときにも踏まれたままになるような場合(がん遺伝子の活性化)と、細胞増殖を停止させるブレーキとなる遺伝子がかからなくなる場合(がん抑制遺伝子の不活化)があることもわかっています。

ふーむ。普通の細胞から、遺伝子が変化して、異常増殖するようになる、と。

はて?

人間の細胞はたんぱく質で出来ています。

この段階のどこで、糖質をそんなに必要とするのでしょう???必要とするならばアミノ酸ではないのでしょうか???

糖質ばかり使って、一体どういう組織を作る、と???

不思議に思い、がん治療に糖質制限を勧める医師の文章を読んでみました。

がん細胞を兵糧攻め!「究極糖質制限」の威力
http://toyokeizai.net/articles/-/144042

「食事メニューの詳細、栄養の組み合わせなどは『ケトン食ががんを消す』に譲りますが、こうした高脂肪、高たんぱく、低糖質のケトン食に、抗がん剤や放射線などの化学治療を併用すると、患者のがん細胞が縮小、消滅する確率である「奏功率」がアップすることも、私の臨床研究で明らかになりました。」

抗がん剤や放射線などの化学療法を併用…?なぁんだ。そういうことか。

ちなみに放射線治療は化学療法ではありません。まぁそれはともかく。

「抗がん剤」と日本では呼びますが、本来は「遺伝子阻害剤」と言います。

がん細胞が増殖しないように、細胞分裂を阻害したり、DNAが複製できないような形に変えたりするものです。

糖質制限は、こうした遺伝子阻害剤との併用が原則なんですね。

だから、糖質はダメだけどたんぱく質は動物性でも植物性でも摂取して構わない、ということのようです。

しかし。たんぱく質からも「糖新生」は可能なんですが…。しかも糖新生に関わるのは腎臓と肝臓、免疫をつかさどる臓器でもあるので、あまり酷使したくないのですが…。



とりあえず。

「抗がん剤」と「糖質制限」。併用することの意味を考えてみましょう。



私の経験では、がんは熱に弱いです。

がんの民間療法には陶板浴による温熱療法や枇杷の葉温灸などありますが、確かに温めると楽になります。

というか

ボヤっと大きな塊だったがんが、温めると小さく、固くなります。最初はただ硬めの大きな塊だったのが、温めると「しこり」という表現がピッタリなものになるのです。

そして、この「しこり」はなかなか消えません。

「しこり」は熱にも強いようです。

うっかり運動をしてしまった後など、深夜に痛みます。その時は熱を持っています。冷やしたり、梅干湿布をしたりすると痛みは鎮まります。

おそらく、成長ホルモンの作用によって、血糖値が上げられ同化代謝が促され、がん細胞が増殖しているのです。



一方、糖分を摂取した時にも痛みは出ます。

甘いものを食べると、きゅーっと痛んで来たりします。

どうやら、甘いものを食べると血糖値がすぐに上がるらしいですね。味覚なのかそれ以外の理由なのか分かりませんが。インスリンもすぐに出るそうです。

上記の2種類の痛み。

同じがん細胞由来なのか?それとも別なのか???


こんな仮説を出している医師がいます。

「ガンは真菌であり、治療可能だ」

イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ(Tullio Simoncini)が出している説です。

  • 通常カンジダは、免疫系によって抑制されているが、免疫系が蝕まれて弱体化した時にカンジダは増殖し、「コロニー」の形成が可能になる。
  • ついには、そのカンジダが臓器に広がり、免疫系はその脅威に対して別の方法で反応しなければならなくなる。
  • この「方法」とは、それ自体の細胞で防御壁を形成することであり、この増殖を私たちはガンと呼んでいる。

なるほど。カンジダ真菌が作る「コロニー」、そしてそれを防御するための「細胞壁」。

この「コロニー」が糖質由来のものであれば、「糖質制限」で抑制可能なわけですね。

そういえば、がん細胞は白いことが多いが、それは糖の代謝生成物である乳酸が高分子化した「ポリ乳酸」であるとの説も見たことがあります。



そして「細胞壁」。民間の食事療法では動物性たんぱく質を制限することが多いのですが、この細胞壁の増殖を抑える目的なのですね。そして抗がん剤を使用していれば、この増殖は抑えられるのでたんぱく質を摂取しても大丈夫、と。



そしてその両方を抑え、少しずつ減らしていくことが出来れば、腫瘍は小さくなっていく可能性がある、と。

具体的には、血糖値をコントロールすることと体温を高めに保つことでカンジダ真菌のコロニー形成を阻害。

そして異常増殖した細胞壁の異化代謝を促すためにたんぱく質もある程度制限、筋力トレーニングなどの激しい運動は厳禁。



これでスッキリしました。



実は、昨年の夏頃は調子が良かったのです。

腫瘍がかなり小さくなり、コロニーはかなり減り異常な細胞壁は残り、これを小さく出来れば、と試行錯誤していたのですが。

そのうちにヘルニアになってしまい、入院中の筋力低下で日常生活もままならなくなり、糖質制限などを試してみたこともあり、結果、この冬はかなり悪化してしまいました。

少し焦りすぎたようです。



今度こそ、ゆっくりじっくり、焦らずに治していきたいと思います。

« がん関連本書評:子供向けの本 | トップページ | 病院の骸骨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161243/65237985

この記事へのトラックバック一覧です: がんと糖質制限:

« がん関連本書評:子供向けの本 | トップページ | 病院の骸骨 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ