最近のトラックバック

Sage's List

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年1月20日 (日)

「乳がん」とは?

前回、ある本からの引用で「がん」とは何か、について書きました。

炎症による活性酸素大量発生ががん化の原因である、と。しかしホルモン依存性のがんはその限りではないそうで、ではどうなっているのか?その本には書いてありませんでした。

仕方なく、今度はこのあたりの本を読んでみました。

医者も知らないホルモンバランス 増補改訂版

医者も知らない乳がんとホルモン療法

分厚いハードカバー本で、論文の引用が多く専門用語が多数出てくるので、こちらもなかなか読み進められなかったのですが。

乳がんの発症機序について、著者であるリー博士は、カヴァリエリ博士の研究内容から説明されています。

こちらの論文

Molecular origin of cancer: Catechol estrogen-3,4-quinones as endogenous tumor initiators

には、エストロゲンがどのように変化していくかが説明されています。

図を見ると分かりやすいかと思います。

エストロゲンには三種類あります。エストロン、エストラジオール、エストリオール。エストロンをE1、エストラジオールをE2、エストリオールをE3と略したりするそうです。

これらがどういう代謝経路をとるか?

特に、エストラジオールとエストロンの二つ。

これらはシトクロムP450ヒドロキシラーゼという酵素によって、4ヒドロキシエストロゲン(カテコールエストロゲンとも呼ばれる)になります。

そこに活性酸素(フリーラジカル)が作用するとエストロゲン-3,4-キノンに変化します。これはとても不安定な物質で、それがDNAと結合してしまうと、エストロゲンDNA付加生成物となります。

こうしてDNA損傷が発生することにより乳がんが発生する、と。そういうことらしいです。



ふーむ

活性酸素はここにも出てくるんですねぇ。

乳がん患者の乳房内の細菌叢は、健康な女性の細菌叢と比較すると、乳酸菌などが少なくブドウ球菌、大腸菌などが多いという論文がありましたが、このあたりに関係しているのかも。




しかし。

「エストロゲンの代謝が問題」

もしかしたらここで、疑問に思う方もいるかもしれません。



「更年期って、エストロゲン減るんじゃないの?補充療法したりするぐらいなんだから。なら、乳がんにはなりにくくなるのではないの?」



そこが医療業界のなせる業。更年期で減るのは実際にはエストロゲンではなく、プロゲステロンの方なのだそうです。なのに何故か、エストロゲンが不足しているかのような宣伝ばかりされるのだとか。



リー博士によると、こんなことのようです。

卵巣で作られる女性ホルモンには、二種類あります。

エストロゲンと、プロゲステロンです。

エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれています。月経出血後に多く分泌されるホルモンで、卵胞が卵子の成熟を促す間に、子宮内の組織形成と血液供給を促します。

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれています。排卵後、空になった卵胞は黄体と呼ばれますが、それは文字通り黄色いから。プロゲステロンは黄体で作られ、月経周期後半に多く分泌されます。

月経周期前半はエストロゲン優勢、後半はプロゲステロン優勢。これが一般的な女性のホルモンバランスです。

エストロゲンは卵胞を成長させる作用、つまり細胞増殖作用があり、プロゲステロンは子宮内膜をアポトーシス(細胞死)させる作用があるとのことです。

しかし、先進国の女性ではプロゲステロンが不足して、エストロゲンが優勢であるケースが多いそうです。

それは何故か、と言いますと。

プロゲステロンはエストロゲンの元になります。他にも、副腎皮質ホルモンの材料にもなります。

栄養が不足しているとエストロゲンはあまり作られません。しかし先進国の女性は栄養過多なのでエストロゲンは十分作られていて、エストロゲンが不足しているケースは少ないそうです。

さらに先進国の女性は、ストレスにより副腎皮質ホルモンの需要も多く大量に作られ消費されます。プロゲステロンはこれらの材料でもあります。なのでプロゲステロンがこれらのホルモンに代わってしまうことにより、不足しがちになるようです。

おまけに、先進国では「環境ホルモン」が問題になっています。環境ホルモンとは、体内であたかもホルモンのようにふるまい、ホルモンバランスを崩す化学物質のことです。外因性内分泌攪乱物質などとも呼ばれます。ダイオキシンやPCB、ビスフェノールAなどが有名ですが、他にもたくさんあります。

それら環境ホルモンの多くは、エストロゲン様の作用をするそうです。エストロゲンとプロゲステロンのバランスが、ますます悪くなります。

そして、月経が終わり更年期となると、一般的にはエストロゲンが不足するように思われてますが、実はエストロゲンはあまり減りません。エストロゲンは脂肪組織内でアンドロゲンからも作られます。なので、卵巣で作られなくなる分が減る、ということでエストロゲンは40~60%減るだけだそうです。

一方、生理が止まるということは、卵巣が働かなくなる、ということ。つまり排卵が行われず黄体も作られなくなります。すると黄体ホルモンであるプロゲステロンは、殆ど分泌されなくなるそうです。

つまり「あまり減らないエストロゲン」と「激減したプロゲステロン」によりホルモンバランスが崩れている。それが問題だ、と。

しかし更年期は何故かエストロゲンが不足しているかのような宣伝が行われ(それに反する記事を書こうとしたブリティッシュ・コロンビア大学のプライオア博士は、編集者に拒否されたそうです)ホルモン療法と称してエストロゲン補充療法が行われ、天然のプロゲステロンではなく人口のプロゲスチンなどが使われ、それが乳がんや子宮がんのリスクを上げているそうです。

また、エストロゲン不足の場合は、乳がん予防などの観点からエストリオールを勧めてらっしゃいますが、これもあまり研究が進んでいないとのこと。



ジョン・R・リー博士のこの一連のホルモン関係の本、ものすごく面白いです。

難しい論文を分かりやすく解説してくれてますし、なにしろ、医療業界側の欺瞞が暴露されまくってるw

というわけで、次回はそのあたりのご紹介もしていきたいと思います。

2019年1月15日 (火)

「がん」とは?

先月(2018/12)の採血での腫瘍マーカーは下がってはいたものの、1CTPは若干高かったということが少し気になり、また今月(2019/1)はCEAが若干上がっていたということもあり、がんについて再度調べてみることにしました。

以前、「スマンクス」という抗がん剤が販売中止になった話を記事にしましたが、それが書かれていたのがこの本です。

「副作用のない抗がん剤」の誕生

また怪しげな薬剤の宣伝本か…と思いきや。化学療法発展の歴史にも触れてますし、DDS薬開発の経緯や、そもそもがんとは何か、みたいな基礎的なことが詳しく書かれており、食事についての記述もあり、いろいろと参考にさせていただいております。

もちろんP-THPという抗がん剤の体験談にかなりのページが割かれています。しかしアマゾンでは今日の時点で1円プラス送料で買えますので、がんというものに興味のある方は、体験談のページは無視して、それ以外の部分を参考にされてはいかがでしょうか。

というわけで今日は、基本に返って「がんとは何か」について、書いてみたいと思います。この本からの引用ばかりですが。



まず「がん」とは遺伝子の損傷を受けた細胞が増殖したもの、という説明があり、その原因としてこう書かれています。

>遺伝子が損傷を受ける原因はいつくかあるが、その一つに、石綿や食品中の有機塩素化合物やカビ毒のアフラトキシンといった発がん性物質がある。

>二つ目はウィルスや細菌だ。例えば、肝がんの原因である肝炎ウィルス、日本人の胃がんに多いピロリ菌、子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウィルスなどが知られている。

>三つ目は、発がん物質のような変異原がなくとも、自然発生的に変異するからである。それが、先に述べた一日に三万回というコピーミスである。

>これらがん化する原因に共通するものがあり、それが活性酸素だと前田はいう。

前田というのは、前田浩博士のこと。熊本大学名誉教授の方です。東北大学農学部のご出身ですが、たんぱく質の研究をしていたことから医学部へ。アメリカと日本を行ったり来たりした後に、スマンクスを開発されました。

>X線や放射線も体内の酸素にぶつかると活性酸素が生じます。紫外線も、発がん物質も活性酸素を出すものが多く、抗がん剤にも活性酸素を出してがん細胞を殺すものもあります。その中でも頻度的に一番多いのは炎症と感染だと思います。

>ウィルスが体内に入ると、白血球など免疫細胞がやってきて、活性酸素でやっつけようとします。また、体内の細胞もウィルスに対して自爆的に活性酸素を放出して殺そうとします。

>では、放出された活性酸素がウィルスを狙い撃ちしてくれるかというとそうではなく、いわばマシンガンで乱射するように撃ちまくるのですからどこに飛んでいくのか分かりません。当然、活性酸素の弾はウィルスだけではなく、正常細胞にも当たります。

>活性酸素の無差別攻撃を受けると、がん細胞だけでなく、がん抑制遺伝子もやられてしまいます。修復遺伝子もやられます。ウィルスから自分を守ろうとして活性酸素を出したつもりですが、結果的に自分をがん細胞に変えてしまうのです。



一度読んだだけではなかなか理解できないんですが、何度か目を通してるうちに話がつながってきて、何とか理解できるようになりました。

実際、活性酸素が出ないような遺伝子操作をしたマウスの実験では、通常マウスと比べて腫瘍増殖がかなり抑制されてるとの結果のようでした。

しかし。なるほどなるほど、と読み進めていると、最後の方にこんなことが書かれてありました。



>乳がんや前立腺がんなどホルモン依存性のがんは炎症だけでは説明できません。おそらくホルモンが深く関係しているのだと思います。



をいっ!乳がんは違うんかい!!!

なんだか、肩透かしをくらわされたような気分です。

でも言われてみれば確かに、私も血液検査のCRPはずっと低いまま。乳がんを抱える私の体内では、慢性炎症は起きていないんです。



うーむ。



というわけで次回は、ホルモンについて調べてみます。

2019年1月 8日 (火)

新年のご挨拶 2019

新年あけましておめでとうございます。

昔は「初売り」といえば正月二日だったものですが、最近は元日から初売りが始まるようですね。おかげで今年の正月はショッピング三昧でした。

当然、食事は外食になります。

最近、食に関しては多少のものなら受け入れられるようになったので、とあるフードコートで、天ぷらとうどんをいただいたのですが…。

うどんのおだしなどは特に問題なく食べられました。

しかし、十分程経った頃でしょうか?どうも、お腹の具合がおかしい。

胸がムカムカするのです。

普段、胸やけなどはあまりないのですが…。

そして、げっぷが出てきました。しかも何度も出て、なかなか止まらない。

買い物どころではなくなってしまいました。

翌日もそれが続き、さらには転失気が大量に発生。「転失気(てんしき)」の意味が分からない人は調べてみてください。


この現象。思い当たるフシはありました。

最近どうも、体内、それも消化器系内で発生したガスを呼気として排出する機能が衰えてきたらしく、微発泡酒など頂いてもその翌日は転失気が大量発生します。

ベーキングパウダー加えた手作りの焼き菓子を食べた時もげっぷが出て、翌日は転失気も出ました。

恐らく、フードコートで食べた天ぷらの衣か、或いはうどんに、重曹もしくはベーキングパウダーが加えられていたものと思われます。


内臓が弱るとこうなるんです。

重曹など、安全と言われている添加物でも、こんな風になるんです。

だから、うっかり外食も出来ない。

やれやれ…。

大腿ヘルニア手術後からの現象なんですが、何故こうなったのかは分かりません。


しかし。問題はこれだけではありません。

ネットでげっぷについて調べてみて、驚きました。


「げっぷ 原因 食べ物」で検索しても、重曹やベーキングパウダーの話は出てきません。

「吞気症」「逆流性食道炎」「慢性胃炎」「胃潰瘍」「胃がん」などのワードばかり。

「げっぷ おなら 多い」で検索しても同様。


もちろん、「げっぷ 重曹」で検索すればいろいろ出てきます。どうも、胃酸が十分に出ているかどうかの判別のために、重曹を使うことがあるようです。

しかし、その仕組みを説明してくれているサイトはほとんどありませんでした。

ただ一つだけ見つけたのが、これ。化学の教科書か何かのようです。


さらに。自然派の方々の中には「重曹水を飲めばがんは治る」などとおっしゃる方がいます。

はっきり言います。重曹水飲むだけではがんは治りません。

上記のように、胃酸が中和されてげっぷが出て終わりです。

体液をアルカリ性にするために重曹を、ってことらしいですが、そのためには別の方法が必要です。


ネット上には情報が氾濫してますが、正確な、有益な情報にはなかなかたどり着かない。

治療法に関して大ウソが書かれていたり、悪い病気ではないかと脅されるような文章が並んでいたり。

ベーキングパウダー入りの菓子が好きで毎日食べてる人が、げっぷがよく出るからと言って病院に行ったら、果たしてどうなるか。

もしかしたら、胃カメラやらCTやらいろいろ受けさせられて、はては胃がん細胞診などされてしまうかも。


ネット上も書籍上もリアルな医療関係者の間でも、誤った情報が多く流れていることを憂いて始めたブログですが、まだまだ先は長そうです。

今年の三月で、乳がんの診断から五年になります。五年生存率上昇には貢献出来そうですが、まだまだ分からないことだらけです。


今年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ