最近のトラックバック

Sage's List

« 2020年5月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年8月27日 (木)

乳がんホルモン治療と熱中症

お久しぶりです。

連日、酷暑が続いております。

しかし今年の夏は、新型コロナ感染予防のためにマスクをつけることを推奨されております。

余計、暑くなりますね。

そうなると気になるのが「熱中症」です。

Wikipediaによると熱中症とは脱水による体温上昇と、それに伴う臓器血流低下と多臓器不全。表面的な症状として主なものは、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがあるそうです。

実は私、この夏何度か熱中症になりかけました。

異常な発汗が止まらず、水分補給してエアコンの下で横になってしばらく様子を見たり、外出先で異様なのどの渇きを感じて、涼しい所で飲み物を飲んだりなど。

今まで熱中症になったのは、激しい運動で大量に汗をかいたにもかかわらず水分補給がうまく出来なかった時ぐらいでした。

ところが、どうも今年の夏は、これまでと様子が違うのです。

恐らく、タモキシフェンの副作用だと思います。

ホルモン治療薬をアロマターゼ阻害剤のアナストロゾールから、抗エストロゲン薬タモキシフェンに変えたのは確か去年の6月、手術を受けた後のことでした。

その後数カ月は手術後の運動障害で殆ど動けませんでした。そのため、去年の夏は殆ど家の中で過ごしてました。リハビリしたりとかして。

そして今年、タモキシフェン飲み始めて初めて、外出したりなど「普通の夏」を過ごしているわけですが、ホルモン治療によくある副作用「ホットフラッシュ」、これが高い頻度で出てきているような気がします。

タモキシフェンとは、抗エストロゲン薬、エストロゲンが作用しないようにブロックする薬です。要するに更年期障害を人工的に作り出す薬です。

ホットフラッシュとは、更年期になると視床下部がいくら指令を出してもエストロゲンが出てこない(タモキシフェンを飲むとエストロゲン出てはいても受容体にくっついてくれない)ので自律神経が混乱して暴走してしまう、そのせいで体温調節がうまく出来なくなることで生じます。こちらのサイトに分かりやすく書いてあります。さらに詳しく知りたい方はこちらの論文をどうぞ。

体温が上がっても気付かず汗も出ず、上着を脱ぐ、窓を開ける、エアコンをつけるなどの体温を下げるための行動も遅れ、いよいよ本格的に暑くなってきてから、ようやく暑さを感じるようになります。

身体は普通の状態だと思っていたのがいきなりとても暑い状態であると認識するため、ほてりを感じたり顔が紅潮したり異常な発汗があったりします。

冬場に暖房をつけた時ならまだいいですが、真夏の暑い時期にホットフラッシュになると大変です。

何しろ、熱中症一歩手前まで暑さに気付かないのです。

そして抗エストロゲン薬は、視床下部のエストロゲン受容体とくっついてエストロゲン作用を阻害するために、アロマターゼ阻害剤よりも強くホットフラッシュが発生するものと思われます。

実際、タモキシフェンでのホルモン治療開始後に熱中症になった、という人がいました。

サーフィン大好きなヨガ講師さんだそうです。

やっぱり、運動してアンドロゲンが出てそれがエストロゲンに変化するわけですから、この方も運動により相当、エストロゲンが分泌されているものと思われます。

タモキシフェンによるホルモン治療後はエストロゲンは変わらず大量にあるのに、エストロゲン受容体をタモキシフェンによりブロックされ、全く作用しなくなったのです。

その落差が大きかったから、熱中症になるまで気付かなかったのだろうと思います。

幸い、私は乳がん発症して以来、自分の身体の変化には敏感になっています。

だから汗が引かなくなった時も異常にのどが渇いた時も「これはおかしい」と思って対処出来ました。おかげで今のところ、熱中症では病院のお世話になることなく過ごしております。

皆様もお気を付けください。新型コロナ、COVID-19も怖いかもしれませんが、暑くなったらマスクは外しましょうね。


« 2020年5月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ