最近のトラックバック

最近のコメント

Sage's List

2017年12月12日 (火)

祝 受賞!

先日、医師兼ジャーナリストの村中璃子さんが、マドックス賞を受賞されましたそうで、おめでとうございます。

ところで

「医学界のピューリッツァ賞」という表現も散見されるこの「マドックス賞」ですが、私は失礼ながらその存在を村中さんが受賞するまで存じませんでした。

さて、どのような賞なのでしょう?

ジョン・マドックス賞(Wikipediaより)

ジョン・マドックス賞は、公共の利益に関わる問題について健全な科学とエビデンスを広めるために、障害や敵意にさらされながらも貢献した個人に与えられる国際的な賞[1]。
賞に名の冠された、ジョン・マドックス(en:John_Maddox)は、科学雑誌『ネイチャー』の編集長を22年務め、同誌を一流専門誌に育てた。熱意とたゆまぬ努力をもって科学を守り、困難な議論に関わり、他の人々もそこに加わるようインスピレーションを与えた人物である。書き手であり編集者としての長い人生を通じて、人々の態度と考え方を変え、科学の理解と認知を高めるために戦い続けた。
本賞は、マドックスが長年編集者を務めた科学誌『ネイチャー』と、王立協会での交流のあったマドックスの友人、ラルフ・コーン卿の設立した「コーン財団」、マドックス卿が2009年に他界するまで役員を務めた「センス・アバウト・サイエンス」の共催によるものである。
マドックス卿について、友人で科学者のウォルター・グラッツァー氏はこう語っている。
マドックスは、科学的発見や技術の進歩における、ありとあらゆる新しいこと、刺激的なことについて、誤り、不誠実、偽物であると信じたことは恐れずに批判しながらも、精力的に書きつづけた。その仕事はユーモアと優雅さにあふれるものだったが、決して難しい議論から逃げることは無く、むしろそれを楽しんだ。彼の率直さは、時には敵を生み、しばしば上層部を怒らせたが、それよりももっと多くの仲間をもたらした。人々の態度や考え方を変え、社会が科学をより深く理解するよう戦い続けた。[1]

ふむ。

Natureはともかく、この「コーン財団(the Kohn Foundation)」と「センス・アバウト・サイエンス(Sense about Science)」ってのは何ぞや?またしても私の知らないものが出てきました。

センス・アバウト・サイエンスについては英語版のWikipediaにありました。アストラゼネカやファイザーなどの製薬会社からの寄付で運営されてるそうです。

For example, for the fiscal year ending 5 April 2008, the trust received £145,902 in donations. Disclosed corporate donations comprised £88,000 with pharmaceutical company Astra Zeneca donating £35,000.[71] Previous donations included other pharmaceutical industries such as Pfizer.[71]

ふーん。もしかしたらGSKやメルクも?

まぁいいや、ではコーン財団はどうなんでしょう。

…?

検索してもヒットしない…?

ここのサイトのリンクは切れてますね。

仕方なくツイッターを検索してみると、こんなツイートが。

@MedecineLibre
John Maddox prize attributed to MD @rikomrnk for her great work to reaffirm anti-HPV vaccine safety in Japan. Problem: this prize awarded by @senseaboutsci is funded by The Kohn Foundation who owns £145.366 of HPV vaccine producer @GSK shares. Her work deserved a COI free prize.

COIとは「利益相反」のこと。

GSK(グラクソスミスクライン)はHPVワクチン「サーバリックス」のメーカーです。

そのGSKの株式を所有しているコーン財団が、HPVワクチン推進派の村中さんに賞を出したことを

「利益相反の自由賞」

と皮肉っているのですねw

なるほどぉ~www


しかし、受賞者の村中璃子さん。何かいろいろご不満があるようです。

メディアが一切報道しない!というのがその理由。

@rikomrnk
N社は巨大で影響力も大ですが、良識ある記者のいる他のメディアから取材も来てます。日本の記者だけ低レベルで世界に取り残されてるなんて思いたくない。私の受賞は大メディアのカルト化を前にメディア界が危機感を新たにし、専門家と社会をつなぐいい記者がたくさん育つきっかけになると信じてます

大メディアが「カルト」なんですと。

まぁ、ある意味では当たってますが…ちょっと違うんじゃないの?

でも、私も正直いって、もう少し報道されるかと思ってました。だって大メディアは製薬会社とズブズブだから。しかし、今回のこの受賞はなかなか報道されない。

なんでだろう?

ということで、再検索。

村中璃子さんのWikipediaページ

村中 璃子(むらなか りこ)は、日本の医師、ジャーナリストである。WHO(世界保健機関)の医療社会学者、外資系製薬会社の疫学調査担当ディレクターを経て、臨床医並びにペンネームでのフリージャーナリスト活動を行う。

東京都生まれ。父は政治記者。外祖父は医師。一橋大学出身の探検家兼外科医の関野吉晴の本を読んだのをきっかけに、一橋大社会学部に進学。在学中は中東などに一人で訪れ、国際社会学の梶田孝道教授のゼミに1期生として参加。同学部卒業後、一橋大学大学院社会学研究科国際社会学専攻修士課程修了、社会学修士。同博士課程進学[1]。

一橋大学大学院社会学研究科博士課程中退後、北海道大学医学部卒業。医師免許取得後、世界保健機関西太平洋地域事務局(WPRO)新興・再興感染症チームでアウトブレイクサーベイランスやパンデミック対策に従事。報道監視業務や、医療社会学者の肩書でのアウトブレイク後の農村調査などを行った[2]。

日本に帰国後、外資系製薬会社のディレクターとなり2年間肺炎レンサ球菌の疫学調査に従事するが、2009年新型インフルエンザの世界的流行を機に世界保健機関に戻る。その後大学時代の友人である新聞記者に、メディア関係者の懇親会に招かれたのを機に、フリーのジャーナリストとなる。2014年の西アフリカエボラ出血熱流行の際には、バイオセキュリティーの観点から論考を発表し、読売新聞の「回顧論壇2014」で、遠藤乾による論考三選の一本に選ばれた[3]。2016年京都大学大学院医学研究科非常勤講師[4][5]。

2017年、ヒトパピローマウイルスワクチンの問題を扱ったことなどが評価され、『ネイチャー』誌等が主催し、「公共の利益に関わる問題について健全な科学とエビデンスを広めるために、障害や敵意にさらされながらも貢献した個人」に対して贈られるジョン・マドックス賞を、日本人として初めて受賞した[6][7]。

公式ページのプロフィールはこちら

下の方に一橋大の広報誌へのリンクがありますね、pdf形式の。

そこを開くと、こんなことが書かれています。

東京で生まれ育った村中。父親は政治記者として活躍した根っからのジャーナリストだ。故・大平正芳元首相と親交が深く、大平氏の葬儀を伝えるテレビニュースでは、親族と並んで最前列に立つ姿が映された。

一方、母親の家系には祖父母の代から医者が多い。現在の村中の職業は、まさにそんな両親の血が混ざり合った産物のように思える。

ふーん、ジャーナリスト活動は親の七光…いやいや、優秀な家系のお家にお生まれになったのですね。一般庶民としては実に羨ましい。

一橋大在学中の話は、詳細に語ってますね。

修士まで出てるし、一橋大の広報誌なんだから当然といえばですが。

海外旅行しまくり。いいですね経済的余裕のある人は。ああこれも僻みになってしまいますねぇお恥ずかしいw

しかし、医学生として、医師としての記述はこれだけ。

6年間、札幌で暮らしながら医学を学んだ村中は、縁あってWHOで働くことになる。
『臨床医としての仕事も興味深く、やりがいのある経験でした。しかし、社会学を学んだ経験も活かし、何らかの形で海外医療に携わりたいという初心は変わっておらず、WHOで働かないかという話をもらった時には二つ返事で引き受けました』

…?

そういえば。

以前から、「村中璃子」はペンネームであり、本名を公開しない、名刺すら持たないジャーナリストということで、一部で話題になってはおりました。

「村中璃子」さんはジャーナリストなのだろうか?

医師兼ジャーナリストなら、どちらにおいても自らの言論に責任を持つ、という意味で本名で活動するのが筋では?という内容。私も同意見です。

しかも、医師資格に関してはこんなことも。

◆村中 璃子(中村理子)さんが医師免許を有してるかについて

村中璃子さんの本名は「中村理子」らしいとの噂。

しかしその名前での医籍登録は一名のみ、年齢的にどうなの?本当に医師免許持ってるの?という内容。

ちなみに医籍登録されている中村理子さんは、村中璃子さんとは別人のようです。

@Puku_Pukuro
村中璃子の本名が中村理子とはわかっていますが、医師とは確認できていませんよ。医師等資格確認検索で「中村 理子」を検索すると1件(平成6年に医籍登録)出ますが、この方は佐賀医科大学出身の精神科医です。吉村猛先生はどうやって彼女が医師と確認したのでしょうか。

ふーん…

ん?

てことは

村中璃子さん、医師免許持ってないの?????

個人の公式サイトには「医師、ジャーナリスト」ってしっかり書いてありますが…。

???

医師法 第18条 医師でなければ、医師又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。

前にも書きましたが、本名明かさないで医師として活動するのは、この条文に反してる可能性があるんですよね。

メディアが書かないのも分かります。医師として活動してるのに、医師免許が確認できないような人のニュース、怖くて出せないでしょう。ましてそういう人が書いた本の出版なんて無理。

近藤誠医師がワクチン本出した時には村中さん、自分は出せないのに、と怒ってらっしゃいました。

医師免許を持っていることが証明できれば、出版も可能なのでは?と思いますけど。

医学部卒業しただけで国家試験受けてない、或いは受けたけど落ちた、って可能性もありますね。

その辺、北海道大学としてはどうなんでしょうねぇ?

でも、HPVワクチン推進してるのがこういう人だと判明して、むしろ納得しました。

だって、テレビで見たHPVワクチン被害少女達。YouTubeでは世界中のHPVワクチン被害者の動画が見れますが、あの症状を

「心因性」

「ヒステリー」

それで片付けるって…とても医師とは思えませんから。

しかも「日本だけ」って言い張ってるし。

今後、HPVワクチンがどうなっていくのかは分かりません。

しかし、子宮頸がん予防にはワクチンを打つのではなく、性生活も含め生活習慣を悪化させないことで予防していく、という方法が賢明だと思います。



最近わりと流行ってる、昔は少なかったであろう明るい色の「おばあちゃんの着物」をお召しになってマドックス賞を受賞された村中璃子さん。

受賞、お目出度うございます!!!

2016年12月14日 (水)

断種ワクチン

HPVワクチンは、巷では「断種ワクチン」と呼ばれているそうです。

トリトンX100、ポリソルベート80、スクワレンなどが含まれているからです。

これらの薬品は皆、動物実験での不妊の効果が認められています。

でも、トリトンX100もポリソルベート80も、化粧品などに使われてる、だから安全なはず!…そうお考えの方もいらっしゃるでしょう。

甘い甘いwww

「直ちには影響はない」程度の安全性だからこそ、認可されているのです。

すぐに影響が現れては困る。でも害が発生するのが何十年も経ってからだったら、それが原因とは証明できない。だからメーカーには賠償責任はない。認可した国の責任もない。

そういうものが認可されるのです。

スクワレンは、人体のいたるところに存在する物質です。オリーブ油にも含まれます。経口摂取する分には問題ありません。経皮吸収でもそれほど問題はないようです。

しかし、血液に直接注入すると話は違うのだそうです。

なんと、血液中に「スクワレン抗体」が出来て、体内のスクワレンを排除してしまうのだそうです。

そして、体内のスクワレン全て、すなわち受精卵中に含まれるスクワレンも例外なく、攻撃して排除していくのだそうです。

それでは子供は出来ませんね…。

それだけではありません。

イスラエルのある医師は、「スクワレンは神経毒であり、重度の自己免疫疾患を引き起こし、死に至らしめることもある」と指摘しています。

そして、スクワレン入りのワクチンを接種する国に対し、抗議したのだそうです。

やれやれ、まさに「救われん(スクワレン)」話でございますね…。



笑えないオチのお口直しに、もう一つのワクチンの例を出しましょう。

破傷風ワクチンです。

破傷風は、嫌気性の菌が傷口から直接体内に入って発症します。なので、ワクチン全般に否定的な方でも、血液中に破傷風菌の抗体をつくることは有効だと、破傷風ワクチンのみは認めている場合もあります。

1990年代、ニカラグア、メキシコ、フィリピンで新型破傷風ワクチンの計画がありました。ここで、とあるメキシコのカトリック系の団体がこのワクチン計画に疑問を抱き、ワクチンの中身を検査にかけてみました。

すると、hCGホルモンという成分が配合されていました。これは破傷風とは何の関係もない成分です。hCGホルモンの正体は「妊娠阻害物質」だったのです。

その後、ニカラグア、フィリピンでもワクチンからのhCGホルモン検出の報告がありました。

1995年、フィリピン最高裁は「国連、WHO、ユニセフが300万人以上の女性を不妊にした」と認め、接種中止命令を発動しています。

実際にあった話です。

参考サイト
再び来るイエスキリスト 業界が隠したい、予防接種の隠された真実2



WHOは昨年、諮問機関であるGACVS(ワクチンの安全性に関する諮問委員会)を通して子宮頸がんワクチンに関する新たな安全声明を発表しました。

「専門家の副反応検討委員会は子宮頸がんワクチンと副反応の因果関係は無いとの結論を出したにもかかわらず、国は接種を再開できないでいる。以前からGASVSが指摘しているとおり、薄弱なエビデンスに基づく政治判断は安全で効果あるワクチンの接種を妨げ、真の被害をもたらす可能性がある」

だそうです。

信用できますか?



信じるか信じないかはあなた次第。

2016年12月 3日 (土)

インフルエンザワクチン

最近のニュースで、インフルエンザが流行り出したとか言ってました。

本当だかどうだかわかりませんが。

大人になるともう、大体の型のインフルエンザにかかっているので、よほど免疫が落ちてない限り、新型のインフルエンザぐらいにしかかかりません。先日軽い風邪はひきましたが。

ところで、以前「新型インフルエンザ」の流行が騒がれた年がありました。それも何度か。

2009年の豚インフルエンザ騒ぎは覚えてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

WHOが「パンデミック宣言」なんぞしてしまったもので、集まった方々がインフルエンザに感染しては大変、と、イベントの中止が相次ぎました。経済的損失はかなり大きかったと思います。

参考サイト
新型インフルエンザ災害(パンデミックパニック)に襲われた神戸(写真レポート)

ところが、実際には大した流行はありませんでした。

これは一体?

WHOって意外と信用できないんだな、と感じた方も多いかと思います。

その真相は?

大手マスコミが流す豚インフルエンザの10の嘘

こんな弱いウィルスでした。これはアメリカのメディアでの話ですが、とにかく危険だとか大嘘でした。

では何故、パンデミック宣言が?

ワクチン・メーカーとWHOアドバイザーの金銭関係

「巨大製薬会社から金銭を受領し、その上でWHOのパンデミック宣言に影響を及ぼした人物は以下の通りだ。

アーノルド・モント(ArnoldMontoo)は、米国出身の教授で、実にすべての主要ワクチン・メーカーから金銭を受領している。GSK、ノバルティス、ロシュ、バクスター、サノフィ パスツールだ。彼は、サノフィパスツールから、インフルエンザ・ワクチンを研究するという具体的な目的を限定された助成金を与えられている。

ナンシー・コックス(Nancy Cox)は、米国のCDC(疾病管理予防センター)で働いている。CDCそのものが、ワクチン推進の方針を維持しており、ビタミンDが伝染病を止める重要な意味を持つことを完全に無視し続けている。ナンシーは、IFPMA(国際医薬品メーカー・医薬品団体連盟)から、ワクチンに関する仕事をするために資金を得て いる。

ジョン・ウッド(John Wood)は、イギリスのNIBSC(国立生物学的製剤研究所)で働いている。この組織は、サノフィパスツール、ノバルティスなど、インフルエンザ・ワクチンの研究を専門とする数社から資金を得ている。

マリア・ザンボン(Maria Zambon)は、イギリスの健康保護局感染病センターの教授である。彼女は、サノフィ、ノバルティス、CSL、バクスター、GSKから金銭を受領している。

ニール・ファーガソン(Neil Ferguson)も、教授であり、ロシュとGSKバイオロジカルズから金銭を受領している。」

へぇぇ…。WHOは製薬会社から研究費だの貰ってる方々が動かしてるんですか。これじゃあ、ワクチンは効くから打て、タミフル・リレンザも飲め、副反応や脳症なんて気にするな!って話になっても仕方ないですねぇ…。

ちなみにGSKとはグラクソ・スミス・クラインの略。こんな事件で有名ですね。

製薬会社社員、所属示さず論文 子宮頸がんワクチン紹介

しかも

「H1N1豚インフルエンザをフェイズ6・パンデミックとして宣言した判断は、ワクチン会社から金銭を受領したまさにこれらの人々の助言に基づいてWHOが行ったのである。そして、その決定は、周知の通り、ワクチン会社に棚ボタ利益をもたらした。

この利益は、元を辿れば、納税者の負担である。しかも、ワクチンの大部分は期限切れになり、廃棄処分になったため、この負担はムダになっている。お金をドブに捨てたのだ。」

日本でも、ワクチンを大量に購入しました。そのワクチンは、ノバルティスファーマ製とGSK製の二種類。

使われなかったワクチンに対し、ノバルティスファーマは違約金を請求、厚生労働省が支払ったようですが、GSKに対しては払わなかったようです。

ちなみにGSKのサーバリックスが認可されたのも2009年。

ん?ただの偶然…ですか???


H1N1以前の新型インフルエンザとそのワクチン等の流れに関してはこちらの2つのサイトが参考になります。

真実を求めて ワクチンについて4 〜インフルエンザワクチンのおぞましい話〜

【新型インフルエンザの裏事情】


インフルエンザは型が変わりやすく、流行の型のものにはワクチン製造が間に合わず、流行予測に基づいて型を選択したのではあまり効果がない、とされています。だから新型ワクチンの変異は人為的なもの、ワクチン製造後に流行させようとしたもの、っていう説も出るわけですが。

しかも、のどや鼻の粘膜上でウィルスが増殖すると発症するので、血液中に抗体作ってもあんまり意味がない、という説もあります。

そもそも血液中の抗体が感染を予防したというエビデンスはない、という噂ですし。

ワクチンの成分である「弱毒化したウィルス」からかかってしまう場合もありますし。



さて…。

インフルエンザワクチン、受けますか?

受ける方は、各自、自己責任でお願いしますね。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ