最近のトラックバック

Sage's List

2019年1月20日 (日)

「乳がん」とは?

前回、ある本からの引用で「がん」とは何か、について書きました。

炎症による活性酸素大量発生ががん化の原因である、と。しかしホルモン依存性のがんはその限りではないそうで、ではどうなっているのか?その本には書いてありませんでした。

仕方なく、今度はこのあたりの本を読んでみました。

医者も知らないホルモンバランス 増補改訂版

医者も知らない乳がんとホルモン療法

分厚いハードカバー本で、論文の引用が多く専門用語が多数出てくるので、こちらもなかなか読み進められなかったのですが。

乳がんの発症機序について、著者であるリー博士は、カヴァリエリ博士の研究内容から説明されています。

こちらの論文

Molecular origin of cancer: Catechol estrogen-3,4-quinones as endogenous tumor initiators

には、エストロゲンがどのように変化していくかが説明されています。

図を見ると分かりやすいかと思います。

エストロゲンには三種類あります。エストロン、エストラジオール、エストリオール。エストロンをE1、エストラジオールをE2、エストリオールをE3と略したりするそうです。

これらがどういう代謝経路をとるか?

特に、エストラジオールとエストロンの二つ。

これらはシトクロムP450ヒドロキシラーゼという酵素によって、4ヒドロキシエストロゲン(カテコールエストロゲンとも呼ばれる)になります。

そこに活性酸素(フリーラジカル)が作用するとエストロゲン-3,4-キノンに変化します。これはとても不安定な物質で、それがDNAと結合してしまうと、エストロゲンDNA付加生成物となります。

こうしてDNA損傷が発生することにより乳がんが発生する、と。そういうことらしいです。



ふーむ

活性酸素はここにも出てくるんですねぇ。

乳がん患者の乳房内の細菌叢は、健康な女性の細菌叢と比較すると、乳酸菌などが少なくブドウ球菌、大腸菌などが多いという論文がありましたが、このあたりに関係しているのかも。




しかし。

「エストロゲンの代謝が問題」

もしかしたらここで、疑問に思う方もいるかもしれません。



「更年期って、エストロゲン減るんじゃないの?補充療法したりするぐらいなんだから。なら、乳がんにはなりにくくなるのではないの?」



そこが医療業界のなせる業。更年期で減るのは実際にはエストロゲンではなく、プロゲステロンの方なのだそうです。なのに何故か、エストロゲンが不足しているかのような宣伝ばかりされるのだとか。



リー博士によると、こんなことのようです。

卵巣で作られる女性ホルモンには、二種類あります。

エストロゲンと、プロゲステロンです。

エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれています。月経出血後に多く分泌されるホルモンで、卵胞が卵子の成熟を促す間に、子宮内の組織形成と血液供給を促します。

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれています。排卵後、空になった卵胞は黄体と呼ばれますが、それは文字通り黄色いから。プロゲステロンは黄体で作られ、月経周期後半に多く分泌されます。

月経周期前半はエストロゲン優勢、後半はプロゲステロン優勢。これが一般的な女性のホルモンバランスです。

エストロゲンは卵胞を成長させる作用、つまり細胞増殖作用があり、プロゲステロンは子宮内膜をアポトーシス(細胞死)させる作用があるとのことです。

しかし、先進国の女性ではプロゲステロンが不足して、エストロゲンが優勢であるケースが多いそうです。

それは何故か、と言いますと。

プロゲステロンはエストロゲンの元になります。他にも、副腎皮質ホルモンの材料にもなります。

栄養が不足しているとエストロゲンはあまり作られません。しかし先進国の女性は栄養過多なのでエストロゲンは十分作られていて、エストロゲンが不足しているケースは少ないそうです。

さらに先進国の女性は、ストレスにより副腎皮質ホルモンの需要も多く大量に作られ消費されます。プロゲステロンはこれらの材料でもあります。なのでプロゲステロンがこれらのホルモンに代わってしまうことにより、不足しがちになるようです。

おまけに、先進国では「環境ホルモン」が問題になっています。環境ホルモンとは、体内であたかもホルモンのようにふるまい、ホルモンバランスを崩す化学物質のことです。外因性内分泌攪乱物質などとも呼ばれます。ダイオキシンやPCB、ビスフェノールAなどが有名ですが、他にもたくさんあります。

それら環境ホルモンの多くは、エストロゲン様の作用をするそうです。エストロゲンとプロゲステロンのバランスが、ますます悪くなります。

そして、月経が終わり更年期となると、一般的にはエストロゲンが不足するように思われてますが、実はエストロゲンはあまり減りません。エストロゲンは脂肪組織内でアンドロゲンからも作られます。なので、卵巣で作られなくなる分が減る、ということでエストロゲンは40~60%減るだけだそうです。

一方、生理が止まるということは、卵巣が働かなくなる、ということ。つまり排卵が行われず黄体も作られなくなります。すると黄体ホルモンであるプロゲステロンは、殆ど分泌されなくなるそうです。

つまり「あまり減らないエストロゲン」と「激減したプロゲステロン」によりホルモンバランスが崩れている。それが問題だ、と。

しかし更年期は何故かエストロゲンが不足しているかのような宣伝が行われ(それに反する記事を書こうとしたブリティッシュ・コロンビア大学のプライオア博士は、編集者に拒否されたそうです)ホルモン療法と称してエストロゲン補充療法が行われ、天然のプロゲステロンではなく人口のプロゲスチンなどが使われ、それが乳がんや子宮がんのリスクを上げているそうです。

また、エストロゲン不足の場合は、乳がん予防などの観点からエストリオールを勧めてらっしゃいますが、これもあまり研究が進んでいないとのこと。



ジョン・R・リー博士のこの一連のホルモン関係の本、ものすごく面白いです。

難しい論文を分かりやすく解説してくれてますし、なにしろ、医療業界側の欺瞞が暴露されまくってるw

というわけで、次回はそのあたりのご紹介もしていきたいと思います。

2019年1月 8日 (火)

新年のご挨拶 2019

新年あけましておめでとうございます。

昔は「初売り」といえば正月二日だったものですが、最近は元日から初売りが始まるようですね。おかげで今年の正月はショッピング三昧でした。

当然、食事は外食になります。

最近、食に関しては多少のものなら受け入れられるようになったので、とあるフードコートで、天ぷらとうどんをいただいたのですが…。

うどんのおだしなどは特に問題なく食べられました。

しかし、十分程経った頃でしょうか?どうも、お腹の具合がおかしい。

胸がムカムカするのです。

普段、胸やけなどはあまりないのですが…。

そして、げっぷが出てきました。しかも何度も出て、なかなか止まらない。

買い物どころではなくなってしまいました。

翌日もそれが続き、さらには転失気が大量に発生。「転失気(てんしき)」の意味が分からない人は調べてみてください。


この現象。思い当たるフシはありました。

最近どうも、体内、それも消化器系内で発生したガスを呼気として排出する機能が衰えてきたらしく、微発泡酒など頂いてもその翌日は転失気が大量発生します。

ベーキングパウダー加えた手作りの焼き菓子を食べた時もげっぷが出て、翌日は転失気も出ました。

恐らく、フードコートで食べた天ぷらの衣か、或いはうどんに、重曹もしくはベーキングパウダーが加えられていたものと思われます。


内臓が弱るとこうなるんです。

重曹など、安全と言われている添加物でも、こんな風になるんです。

だから、うっかり外食も出来ない。

やれやれ…。

大腿ヘルニア手術後からの現象なんですが、何故こうなったのかは分かりません。


しかし。問題はこれだけではありません。

ネットでげっぷについて調べてみて、驚きました。


「げっぷ 原因 食べ物」で検索しても、重曹やベーキングパウダーの話は出てきません。

「吞気症」「逆流性食道炎」「慢性胃炎」「胃潰瘍」「胃がん」などのワードばかり。

「げっぷ おなら 多い」で検索しても同様。


もちろん、「げっぷ 重曹」で検索すればいろいろ出てきます。どうも、胃酸が十分に出ているかどうかの判別のために、重曹を使うことがあるようです。

しかし、その仕組みを説明してくれているサイトはほとんどありませんでした。

ただ一つだけ見つけたのが、これ。化学の教科書か何かのようです。


さらに。自然派の方々の中には「重曹水を飲めばがんは治る」などとおっしゃる方がいます。

はっきり言います。重曹水飲むだけではがんは治りません。

上記のように、胃酸が中和されてげっぷが出て終わりです。

体液をアルカリ性にするために重曹を、ってことらしいですが、そのためには別の方法が必要です。


ネット上には情報が氾濫してますが、正確な、有益な情報にはなかなかたどり着かない。

治療法に関して大ウソが書かれていたり、悪い病気ではないかと脅されるような文章が並んでいたり。

ベーキングパウダー入りの菓子が好きで毎日食べてる人が、げっぷがよく出るからと言って病院に行ったら、果たしてどうなるか。

もしかしたら、胃カメラやらCTやらいろいろ受けさせられて、はては胃がん細胞診などされてしまうかも。


ネット上も書籍上もリアルな医療関係者の間でも、誤った情報が多く流れていることを憂いて始めたブログですが、まだまだ先は長そうです。

今年の三月で、乳がんの診断から五年になります。五年生存率上昇には貢献出来そうですが、まだまだ分からないことだらけです。


今年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


2017年1月 8日 (日)

新年のご挨拶 2017

あけましておめでとうございます。2017年初のブログ更新です。

年明けですので、今回はお料理の話をしましょう。


去年の暮、おせち料理を作りました。

2017

かまぼこ以外は手作りです。

今年は昆布巻や伊達巻も作ってみました。砂糖抜きなので普通のお総菜のような味です。そのかわり日持ちしません。お酒のおつまみにいい味なので、三箇日で殆ど食べきりました。



以前は、作るのは松前漬と煮しめ、あとは黒豆を煮るぐらいで、他は購入品をお重につめるだけでした。

なにしろ、料理が苦手でしたから。

というか、私は、自分は料理が下手だと思ってました。思い込んでました。

何故なら、自分の料理が不味かったからです。



例えば、野菜サラダ。野菜を洗って切って盛り付けるだけですから、簡単に出来ます。

一人暮らしを始めた頃、よく作りました。

しかし、そこに添えるドレッシング。

サラダ油、酢、塩胡椒。それを混ぜるだけ。超簡単なレシピです。

でも、私が作ると美味しくない。



なんで?



いろいろ分量変えてみても、他のものを混ぜてみても、不味い。

なので諦めて、市販のドレッシングを購入しました。こちらの方がよっぽど美味しい。

というわけで、食事は「食べられればいい!」と割り切り、インスタントでも外食でもファストフードでもなんでもいい、とつい最近まで添加物も気にせず大したこだわりもなく食べていました。

だって料理下手なんだもん。無理して料理教室通ったって上手くならないに違いない。

そんな中でも梅干と味噌だけは手作りの方が美味しかったので、これらはたまに作っていたのですが。



しかし乳がんが発覚してからは、食事に気を付けるようになり、添加物を極力避けるようになりました。

そうなると、調味料はほぼ総入れ替え。それまでもそこそこ安全で美味しい調味料を使っていたつもりでしたが、かなり変えなければいけませんでした。

冷蔵庫に眠っていたドレッシング類や焼き肉のたれの類は殆ど廃棄。

代わりに購入したのが太白ごま油や遺伝子組み換えしてない圧搾一番搾りのナタネ油、純玄米黒酢、丸大豆使用でアルコール添加などしていない醤油、海水塩、ミル付レインボーペッパーなどなど。

そして

これらの材料で改めてドレッシングを作ってみると、美味しいのです。

え?

調子に乗って、純りんご酢やワインビネガー、グレープシードオイルやアマニ油など、材料を変えてみたり、他のスパイスを入れてみたりしました。豆乳マヨネーズ作りにもチャレンジしたりしてみました。

やっぱり美味しい!!!

不思議でした。



昔作った時の材料は、大手メーカーが発売してる一般的な油と酢、専売の塩と粉末状になって小瓶に入っている大手の胡椒。

最初に作ったドレッシングが不味かったのは、材料が不味かった、ということ?私の料理の腕のせいではなかったの?

それに気付いてから、料理が楽しくなりました。



また、添加物の入っていないだし汁やドレッシングは応用が効くことを発見しました。だし汁は煮魚を作った後に野菜の煮物に使うとか、肉をつけておいて翌朝焼いてお弁当のおかずにするとか。

いいお醤油は高価なので、こうして大事に使うようになりました。

そして、スーパーマーケットでは生鮮食品と乾物以外は殆ど買い物しなくなりました。

無添加の食品は高価ですし、旅先やイベントで無添加のお土産物を見つけるとつい買ってしまうようになったりしてますので、添加物入りの食品を買わなくなったといっても食費はそれほど変わりません。しかし料理の質はかなり向上したように自負しています。



そんなわけで、がんという病気にはいろいろなことを教えてもらいました。

これからも、がんに教えてもらったあれこれを皆さんとシェアしていきたいと思います。



今年もよろしくお願いいたします。
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ