最近のトラックバック

最近のコメント

Sage's List

2018年3月24日 (土)

中毒百科 健康食品編

アロマターゼ阻害剤の副作用としての関節痛が出たのがきっかけで、関節痛について少し調べたのですが、関節痛は水銀中毒でも発症するそうです。

そこで、もしかしたら私も慢性的な水銀中毒なのかも?と、アマルガムの除去を試みたり毛髪ミネラル検査をしてみたりしましたが、特に問題はなさそうでした。

しかし「重金属中毒」とはどんなものか?気になっていた時に、たまたま図書館でピッタリの本を見つけました。

健康食品 中毒百科

筑波大学の名誉教授の方が書かれた本です。「中毒とは何か?」といった解説でも中毒になった場合の対処法でもなく、さまざまな健康食品やサプリメント、漢方薬やホメオパシーのレメディなどでの中毒の事例が多数載っています。

事例の量がすごい!とにかく沢山、論文を引用する形で書かれています。元の論文はもちろん、参考文献として記載されてます。

但し理学系でよく使われるナンバリング方式ではなく、医学、農学系でよく使われる「ファーストオーサーの姓と年号のみ本文中に記載し、各編または各章の末尾にファーストオーサーの姓のアルファベット順に並べる」方式なので、元の論文を検索する際にちょっと面倒です。

さてどんなものが載っているのかと、まず目次を開いてみますと、

第Ⅰ部 痩せ薬

まぁ、こういうモノで中毒ってのは実際あるだろうな、とは思いますが…問題はその中身。クロム?流動パラフィン?下剤?にがり?こんなもので痩せると思って飲む人がいたこと、しかもそれを痩せると言って売っている人がいた、ってことにまず驚きました。

第Ⅱ部 健康食品

ここには、普通の健康食品が並びます。アガリクスに、カバノアナタケ?ってコレ今飲んでるヤツだ…シイタケ?イチョウ葉エキス?クロレラ?コイの胆のう?ドクダミ??インゲン豆???えっ、これらも危ないの?????トリプトファン、これは遺伝子組み換えサプリで死者が出ましたね。12ページを割いています。

第Ⅲ部 漢方薬,生薬

附子は毒薬、麻黄も危ないとは聞いたことはありますが…甘草も?桂皮、ってシナモンも?鬱金、って、カレーに使うターメリック?瞻酥って「ガマの油」、これは以前調べたのである程度は分かります。漢方薬・民間薬中の重金属?汚染されてたりするのでしょうか?

ビックリですね。

実際にページを開いてみると、いろんな事例があるのだな、ということがわかります。

まず最初は

「フェンフルラミン,ニトロソフェンフルラミン」

これらの成分は「脳においてセロトニンの蓄積を招き食欲抑制剤として使われる。」根拠はあるんですね。実際に、中毒された方々も、体重は落ちていたようです。

ただ、これにより肝機能障害が発生しています。

中国からの輸入ダイエットサプリに含まれていたようです。こういう、科学的にも食欲抑制効果があるとされるものが「茶素減肥」だの「美麗痩身」「華北痩美」なんて名前で売られてたら、買って飲む人がいるのも仕方ないのかも。

日本肝臓学会評議員の所属する施設を対象とした調査によれば、2002年1年間に中国製痩せ薬による重症肝機能障害は5例、うち死亡1例。

死亡したのは60代の女性。他の症例は50代、40代が多く、10代は載っているのは1例のみ、っていうのが意外でした。

「フェニルプロパノールアミン,プソイドエフェドリン」

血管収縮薬として市販の鼻炎薬、風邪薬に含まれていた成分。興奮剤としても使用され外国では痩せ薬としても使われたそうです。

しかし脳出血、精神病、肝機能障害などの副作用があり、死亡する例もありました。日本ではフェニルプロパノールアミンを規制しプソイドエフェドリンへの切り替えをしましたが、プソイドエフェドリンもまた脳卒中などの副作用があることが判明しています。

本には市販薬の名称も記載されているのですが…私もかつては割引購入可能だったためよく服用していた某薬、こんな危険性があったとは…。怖いですね…。

「クロム」

ピコリン酸クロム。3価なので毒性は少ないと思われがちですが、1997年摂取目安量の3倍を摂取した女性が腎不全発症。その後も腎障害、肝障害などが発生しているそうです。

ちなみにネット検索したところ、ピコリン酸クロム製剤は今でも販売されているようです。きちんと注意書きされているのかどうか気になります。

「下剤」

以下引用。

『便秘に対する誤解か、痩身願望によるものが多い。特徴は90%以上が女性であること、下剤の服用を申告しないだけでなく、しばしばこれを強く否定し実情を把握するのが困難であることなどである。患者は女性の中でも看護職など医療関係者が多かったが、最近は健康食品としてインターネットで入手しやすくなり一般人に広がった。』

薬剤師は薬に詳しいけど医師や看護師はそうでもないとは聞きますが…。やれやれ。

ちなみに、下剤の乱用で尿路結石を生じるんだそうです。

「羅漢果(ラカンカ)」

煎じて飲んでいて劇症肝炎を発症したという事例が1例掲載されています。羅漢果の薬剤リンパ球試験が陽性だとのこと。しかし、これを読む限りでは、羅漢果本来の成分によるものなのか、「この人が飲んでいた羅漢果」或いは「この人の羅漢果の飲み方」に問題があったのか、といった詳細は分かりません。

「アガリクス」

菌床がカドミウム汚染されていてカドミウム中毒となった事例があるそうです。

「カバノアナタケ」

「シベリア霊芝」「チャーガ」等とも呼ばれる抗ガンサプリ。ロシアでは「ベフンギン」という名称で薬品として認められているそうです。そのカバノアナタケでの肝機能障害の事例が2例載っています。しかしこれも「羅漢果」同様、本来の成分によるものなのか、この方々が摂取していたものに問題があったのか(不純物、添加物など)が分かりません。

「マンネンタケ」

サルノコシカケ科のキノコはゲルマニウム含有量が高いのだそうです。

「トリプトファン」

遺伝子組み換えサプリで死亡者38名が出たことで有名ですが、どうやら遺伝子組み換えか否かに関わらず、アミノ酸バランスを考慮せずに「トリプトファンのみ」を大量に摂取したことが問題だったようです。トリプトファンのサプリ、今でも販売してるようですが、毎日1g摂取した程度でも死亡することがあるので気をつけましょう。

「イチョウ葉エキス」

EUでは医薬品扱いですが、脳出血、痙攣などの副作用があるようです。

「ゲルマニウム」

痴呆(1991年)などの脳神経系の障害、症例が殆ど日本。がんや高血圧、糖尿病に効くと信じて処方し自分も服用していた大学教授、ゲルマニウム健康食品を販売し自分も飲み続けた役員、知人に勧められ服用していた薬剤師などなど。

米国、英国、ノルウェーなど諸外国が軒並み禁止する中、日本ではプロパゲルマニウムに免疫能の賦活化作用があるとされ医薬品としてスピード承認。発売後6ヵ月間に28人の肝機能憎悪例が発生、死亡者も。

ゲルマニウム温浴などによる経皮吸収はないのかが書かれておらず、気になりました。

「紅茶キノコ」

引用します。

『1996年イランの首都テヘラン郊外の村で、痛みに効くと言われ紅茶キノコを皮膚に塗り20人が5-7日後に皮膚病を発症、病変部から炭疽菌が検出された。』

素人が下手に発酵食品を売ったりしない方がいい、とFBに書いきましたが、こういう事もあるからなのです。

「インゲン豆」

引用します。

『2006年5月6日放送のTBS系の情報番組「ぴーかんバディ!」で、白インゲン豆を約3分間炒った後に粉末化し、ご飯にまぶして食べるダイエット法が紹介されたが、これを試した視聴者が下痢などを訴え、31日までに被害は965件、うち入院は104件にのぼった。』

『健康食品ブームに乗じた無責任なテレビ番組で健康被害が起きている(フジテレビ「料理の達人」アメマシバ、「もんたinducedシイタケ皮膚炎」)。今後は、「ぴーかんバディ下痢症」というふうに、症状に、その原因となった番組か司会者の名前を冠して呼ぶことにするといい。』

賛成です!!!

「ノニジュース」

民間薬として主に外用薬として使われてきたものがジュースになって販売され、さまざまな障害が発生している模様。アントラキノン類による肝障害が疑われています。

「麻黄」

中国では昔から使われていた生薬ですが、健康被害多発。その理由を探ると

『中国では麻黄を抽出するのに全草のまま1回抽出し2回は抽出しなかった。しかし、現在は全草の粉末を使い2回抽出、2回分の抽出物を混合濃縮してエキスとして輸出している。(中略)その結果、粉末からの抽出物の細胞毒性は全草からのそれよりはるかに高く、粉末を使うことにより毒性の高い物質が抽出されると考えられる。』

「附子、烏頭」

『(烏頭を含む赤丸料は)市販の煎じ器のほうが土瓶より沸騰までの時間が長く減毒の時間が短くアコチニンの量が多くなる。』

「人参」

野菜ではなくウコギ科のオタネニンジン、いわゆる「朝鮮人参、高麗人参」。生薬としてさまざまな漢方薬に使われています。

これも女性ホルモン作用あるんですね…失敗したぁ…。

「一位」

糖尿病専門の民間漢方薬「寿位」に含まれるそうです。イチイの葉に含まれる有毒アルカロイド「タキシンB」はタキシン類では最も毒性が高いのだとか。

『紀元前53年、カエサル王率いる遠征軍との敗色濃い戦いの中、老齢で衰弱したエブロネス族の王・カトゥウォルクスは、イチイの毒汁を飲んで自ら命を絶った、とカエサルは「ガリア戦記」の中に記録している。』

ちなみに、血小板減少、不整脈などの毒性が知られているこのイチイの木から抽出されて作られた抗がん剤があります。副作用がひどいのは当然ですね。

「瞻酥(センソ)、瞻蜍(センジョ)」

瞻酥はヒキガエルの分泌物。ガマの油です。瞻蜍は干したもの。黒焼きにして使います。

両方あるんですね。「ガマは黒焼きじゃ効果ないよ!w」なんて調べもせずに他人をバカにしてると逆にバカにされますので、常に鏡を見て己の姿を確認しましょうw

ちなみに。1980年代半ばから1990年代初めにかけてアメリカやオーストラリアなどでヒキガエルを舐めるのが流行したそうです。「世界が自分のものになる」とかで。分泌物をクラッカーに乗せて食べたりも。まさに「胃の中のガマガエル」。良い子は真似しないでね!

「漢方薬・民間薬中の合成医薬品」

ただの健康増進のための生薬だと思っていたら合成医薬品が混ざっており、医師の処方した合成医薬品と合わせると許容量を超えていた、というようなケースがあるようです。気をつけましょう。

「漢方薬・民間薬中の重金属」

重金属汚染されている漢方薬、民間薬は結構多いようです。

水銀、ヒ素、鉛その他。

がんに効くとされる中国製の冬虫夏草。重さで値段が変わるために鉛の棒を入れて重さを量り、取引する悪徳業者がいるようで、当然このようなものを摂取すれば鉛中毒になります。これも要注意!

アーユルベーダ民間薬は特に重金属汚染に注意が必要なようです。詳しくは分かりませんが、アーユルベーダでは金、銀、銅、真鍮、青銅の合金パンチャローカムや水銀と銀の合金パラドを聖なる金属としているようです。なので水銀中毒も多いとか。これらにもしかしたら鉛やヒ素が混入している、ということもあるのかもしれません。要注意です。



本来は良いものであっても、汚染されていたり摂りすぎたりすると害になることもある、という事例がこれでもかと出てくるので圧倒されました。或いは体質に因ることもあるのかもしれません。

他にもクロレラやプロポリスなど多数載っております。こうした健康食品を扱っておられる方々、是非ともご一読を!



3/26リンク切れ訂正&以下追記

ドクダミ、鬱金、桂皮、甘草などは割愛しました。よく使われる薬だから安心だろうと継続して服用しているとやっかいなことになりますよ、という警告の意味で名称のみは出しましたが、極端な大量摂取や体質によるものが多く、特殊な事例のようでしたので。

流動パラフィンのような事例は摂取すること自体少ないだろうと思い、これも割愛しました。

気になる方は、実際に本を手に取ってお読みになってみてください。

中国産の生薬は、最近は国がしっかり管理しているので汚染による中毒は減っていると他の本で読みました。

しかし、漢方薬やアーユルベーダ薬、ホメオパシー薬などは、盲信しているスピリチュアル系の方々が多くいらっしゃいます。

本当にその薬で症状が改善しているのかどうか、服用前のデータや画像と比較するなどして客観的に判断していただければと思います。自戒を込めて。

2017年5月22日 (月)

病院の骸骨

今から半年ほど前の2016年のハロウィン、私は幽霊のコスプレをしました。

その理由は二つありまして。いろんな着物でさんざん着回した真っ白い長襦袢があったので、それをクリーニングに出す前にちょっと遊んでみようと思ったのが一つ。

もう一つの理由は、10月にヘルニアで三週間弱の入院をしたのですが、退院時には病的に痩せてしまい肌や髪のツヤもなくなり、鏡を見ても「我ながら幽霊みたいだな」としか思えない外見になってしまったから。もうこれは「酷い外見になった」とウツウツと落ち込むより、ネタとして遊んでしまった方がいいとキッパリ自覚できる、そのぐらい極端に痩せてしまったからでした。

ふくらはぎや太腿など、たぷんたぷんにたるんで、退院後はジーンズなどのボトムス全てゆるくなりました。



あの小林麻央さんも、ご自身のブログに書かれてたそうですが、



がん患者は、殆どの場合、痩せます。



太りたいと思っても、痩せます。



標準治療である三大療法のうち抗がん剤や放射線は副作用で食欲不振になったり吐き気がしたりしますし、胃や腸、肝臓などの手術後はなかなか栄養が摂取できないのも事実。食事療法では食べられないもの多いですし、がんにいい食べ物はローカロリーなものばかりですし。

仮に何の治療もしてないとしても、食べ過ぎると悪化して腫瘍が大きくなり、いろいろ害が出てきたりして結局治療せざるを得なくなり、そして食べられなくなり、結果、痩せていきます。

これはもう、「痩せた~い、でも食べた~い♡」とかいうふざけた人には、悪性腫瘍植え付けてやって「がんダイエット」させてやったらどうかと思うぐらい。それぐらい痩せます。

私は15年ほど前からいわゆる「ダイエット(健康的に痩せる、という日本語での意味)」にこだわってフィットネスクラブに通っていたのですが、そんなことしなくても良かった、との反省材料にもなっております。何しろ日本人の半分はがんになります。半分の人はそのうち痩せてしまう運命にあるのです。ならばせっかくだからその前に「太れる幸せ」を十分に味わって頂きたいと、最近切にそう思います。

しかし

私は去年10月にヘルニアで入院するまでは、抗がん剤で落ちた体重を少しずつ回復させていっていたのですよ。

にもかかわらず、何故、三週間でまた激痩せしたのか?

調べてみて初めて分かりました。

今回のタイトル「病院の骸骨」について説明しましょう。

1974年に発表された「The skeleton in the hospital closet」というタイトルの論文があります。栄養不足で痩せ細った入院患者が病院内に半数近くいる、と指摘したものです。このタイトルを和訳したのが「病院の骸骨」です。

タイトルに「closet」という単語がついているのは、英語での慣用句「skeleton in the closet」(知られたくない秘密、内輪の恥)とかけているようです。「病院での栄養管理が出来ていないという『恥』の証としての、栄養不良の患者」という意味でしょう。ちなみにこの慣用句、意味を調べて由来を知って驚きました。興味のある方は調べてみてください。

こう書くと「え、病院の点滴とか病院食とか、ちゃんと栄養管理されてるんでしょ?なんでこんなことが起きるの?」と思われる方が多いでしょう。

そこが「恥」なんです。

知ってるようで知らない、出来ているようで出来ていない。

「食事」というのは誰でも毎日食べているものなので、なんとなく知っているような錯覚に陥ってしまい、今まで疎かにされていた。それが「病院の骸骨」がゾンビのごとく大量発生する理由なのだそうです。

この本に書かれておりました。

「がんでは死なないがん患者」

この著者は研修医時代、肝臓がんの患者さんを死なせてしまった反省から代謝や栄養について学び直し、がんで死ぬ患者は全体の二割にも満たず他は栄養不良などが原因の感染症などで亡くなっていることを突き止めました。そしてアメリカに研修にも行き、帰国後は緩和ケア病棟で「病院の骸骨」を減らしたり、褥瘡(じょくそう、床ずれのこと)を減らしたりなどの成果を上げてたようです。

まぁ、私が先に書いたような「治療の副作用による食欲不振、体重減少」を軽視している所は気になるんですが…栄養学的な内容については納得できる部分が多いのでご紹介いたします。

まず、この著者はがんというのは「代謝異常」の病気であると定義しています。

まず、糖について。悪性腫瘍細胞は有酸素下でもミトコンドリアの酸化的リン酸化よりも、解糖系でATPを産生する。ブドウ糖(グルコース)は、解糖系で代謝されピルビン酸を経た後にミトコンドリアに入ることなく、最終代謝産物として乳酸に変換される。糖の代謝が好気性ではなく嫌気性解糖になってしまう、というワールブルグの発見については前回も書きました。

そしてたんぱく質。がん細胞は炎症性サイトカインやたんぱく質分解誘導因子(PIF)と呼ばれる物質を放出し、筋肉を分解してがん細胞の元とします。なのでリハビリをするのにもたんぱく質を補給してやらないと、ただただ筋肉量が減少していってしまいます。

脂質については、サイトカインや脂質動員因子(LMF)などの働きにより脂肪細胞から血中に脂肪が溶け出すのですが、今度はサイトカインなどの働きで血中脂質の代謝は抑制されてしまいます。この結果、高度に進行したがん患者は高脂血症になります。なので脂質をエネルギーとしてうまく利用することが出来ない上に、皮下脂肪は減って、冷えやすい身体になります。

これらの代謝異常が、激痩せの原因です。

この「激痩せ」、医学用語では「サルコペニア」と言うそうです。しかし加齢によるものと疾病によるもの、また筋肉量の減少か或いは筋力の低下か、などで意見が分かれたり違う用語を使うケースもあるそうで、このあたりまだ研究段階なのかもしれません。

しかし、痩せすぎるのが良くないからといって、食べすぎたら今度は悪化するのでは?という懸念もありますよね。

ところがこの著者によれば「がんは、栄養を入れようが入れまいが、大きくなる時は大きくなる」。

確かにそうでした。食べ過ぎて悪化することもありますが、食べなくても悪化するときもあるし、食べて回復するときも食べなくても回復するときもあります。

但し、急に大量の栄養を与えると「リフィーディング・シンドローム(再栄養症候群)」という合併症を引き起こすことがあるそうで、要は程度問題なのでしょう。

少しずつ、徐々に栄養を与えていけば悪液質(カヘキシア)に陥らずに回復することが多々あるのだとか。

例えば、この本の序章には、ガリガリに痩せてもうあと余命一ヶ月とされた咽頭がんの患者さんが、栄養の改善で点滴のみの寝たきりから退院できるまでになり、5年間生き延びた、という事例が紹介されています。ちなみにこの方は「これといった治療もしていないのに腫瘍も小さくなった」そうです。

むしろがんの場合、食べないでいると本当に痩せて体力が落ち、気力まで落ちてしまい、悪化していくことの方が多いそうです。

なので、要は「何をどのように食べるか」と、後はこの本にはあまり書かれていない、リハビリなどの「食事以外の生活習慣」が重要なのでしょうね。


では、がん患者に必要な栄養分とは何なのでしょう?


まずは筋肉の分解を防ぐためのBCAA。

好気性解糖を活性化するためのビタミンB1。

乳酸からピルビン酸への代謝を促進するクエン酸(BCAAも)。

血中脂肪酸をミトコンドリアに代謝させるためのコエンザイムQ10とL-カルニチン。

肝機能活性化のためのアルギニン。

腸のエネルギー源であるグルタミン、食物繊維。

炎症性サイトカインの抑制、そしてコラーゲンの合成などにω3系脂肪酸。

活性酸素対策、副作用対策その他に、抗酸化作用のあるビタミンA、C、E。

そして亜鉛などのミネラル。

糖質としてはすぐに血糖値を上げ、インスリン分泌後は低血糖になる砂糖やブドウ糖、異性化糖などではなく、オリゴ糖またはでんぷん質。


この著者は、これらをサプリメントの形で患者に与え、効果を上げています。

こういうサプリは健康保険で認めてくれてもいいのにな、と思ったりしますが…まぁそれが日本の医学ですから仕方ないでしょう。


でも私としては、抗がん剤の点滴以降、やっぱりサプリ等の「薬品」には頼りたくないのが実情です。


果たして何を食べるべきか?


まず、分かりやすいのはビタミンB1。これが欠乏すると「かっけ」という病気になるということは、このブログの読者でしたらご存知かと思います。「かっけ」は白米ばかりを食べているとかかってしまう病気。そばや雑穀、玄米などを食べれば改善するのは江戸時代にも経験的に知られていました。


そう、玄米です。


玄米って意外とスグレモノなんですよ。

ビタミンB1もそうですが、糖質部分はGI値が低くて、血糖値が上がりにくい。

そして食物繊維が豊富。たんぱく質も多く、当然BCAA、アルギニン、グルタミンも含まれています。カルニチンの元となる物質も含まれますし、ミネラルも多目、γオリザノールという自律神経を整える物質まで。ただの糖質ではないのですよ。

そして玄米ときたらお味噌汁と、イワシの干物、青菜のお総菜だとかのイメージですよね?

お味噌汁には大豆のビタミンE、BCAAなどのアミノ酸類が含まれます。具によってはビタミン類、ミネラル類その他も摂取可能。

そして魚は良質のたんぱく源。ω3系脂肪酸も含まれます。コエンザイムQ10は青魚やブロッコリなどに多く含まれるそうでこれもクリア。

そして玄米の上には梅干(クエン酸)をのせて、さらにごま塩(脂肪酸、ミネラル類がたっぷり)をかければ、玄米のデメリットである「ミネラルを輩出しやすい」という点もカバーできます。

後は多過ぎず少な過ぎず、と、量にさえ気を付ければOK。


圧倒的ではないか、わが玄米食は…w


ちなみに。コエンザイムQ10やカルニチン、ビタミンB1は肉類からでも摂取できます。

しかし私があまり食べないようにしている理由は「他に余計なものが沢山入っているから」です。

例えば、成長ホルモン。肥育ホルモンとして与えられなくても、本来動物の中に備わっているホルモンが含まれています。また、肉の加工品には廃乳牛(乳が出なくなった乳牛)の肉が含まれていることがありますが、この肉には女性ホルモンが含まれています。女性ホルモンは牛でも人でも同じ構造です。もしかしたらサイトカインその他も、人間と共通のものがあるかもしれません。だからあまり食べたくないのです。健康な人なら、適量ならば食べてもいいのでしょうけど。


がんによるサルコペニアについて、もうちょっと医学的に突っ込んだ内容が知りたい方は、ここに似たようなことが書かれています。

■がん悪液質■~「炎症」に着目したケア~

PDFですが、専門家の方には分かりやすいと思いますのでご参考までに。


しかし…。

この本には、「病院の骸骨」化を避けるためには「絶食期間をできる限り短くすることが重要です。」と書かれています。そして「私は基本的に、手術前4時間と、手術後12時間の計16時間以上は絶食させないようにしています。」だそうで…。

え?

あのー。

私の場合、ヘルニア手術だったので、腸を切りました。ですがそういう場合でも、この著者は「唾液をはじめとする消化液は出ていて、消化管を通過しているわけですから」問題ないとしています。

それなのに。私が初めて口にしたのは「ペプチーノ」というパック入りのジュースみたいな飲み物。

これが出たのが術後4日目でした。

さらに、「食事」といえる内容のものが出てきたのが術後10日以上経ってから。


その間、ずっと点滴でした。


これでは、サルコペニアになって当然なんですなぁ…。ホント、あの病院の「恥」ですよ。

2017年5月 5日 (金)

がんと糖質制限

がん細胞のエサは糖質だ、という説があります。

1931年にノーベル生理学・医学賞を受賞したドイツの生化学者、オットー・ワールブルグ博士が発見しました。糖尿病患者ががんを発症すると尿糖が減ることや、ブドウ糖の入った培養液にがん組織や正常組織を入れて培養する実験で、がん組織ではブドウ糖の消費量が極めて高いという結果を得たそうです。

がんの検査法で「PET:陽電子放射断層撮影」というものがありますが、これは、がんがブドウ糖を取り込みやすいという性質を利用して、フッ素の同位体で標識したブドウ糖を注射し、この薬剤ががん組織に集まるところを画像化することで、がんの有無や位置を調べるものです。

なので、糖分の摂取を極力抑えるという最近流行の「糖質制限」食にすれば、がんも悪化しない、再発したり転移したりしない、という説があります。

本当でしょうか?

私は実際に試してみましたが…残念ながらあまりいい結果ではありませんでした。むしろ悪化しました。

どういうことなのでしょう?



そもそもがん細胞はどうやって増えるものなのでしょうか。

国立がん研究センターがん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/knowledge/cancerous_change.html

というサイトによりますと、


がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に2個から10個程度の傷がつくことにより、発生します。これらの遺伝子の傷は一度に誘発されるわけではなく、長い間に徐々に誘発されるということもわかっています。正常からがんに向かってだんだんと進むことから、「多段階発がん」といわれています。

傷がつく遺伝子の種類として、細胞を増殖させるアクセルの役割をする遺伝子が、必要ではないときにも踏まれたままになるような場合(がん遺伝子の活性化)と、細胞増殖を停止させるブレーキとなる遺伝子がかからなくなる場合(がん抑制遺伝子の不活化)があることもわかっています。

ふーむ。普通の細胞から、遺伝子が変化して、異常増殖するようになる、と。

はて?

人間の細胞はたんぱく質で出来ています。

この段階のどこで、糖質をそんなに必要とするのでしょう???必要とするならばアミノ酸ではないのでしょうか???

糖質ばかり使って、一体どういう組織を作る、と???

不思議に思い、がん治療に糖質制限を勧める医師の文章を読んでみました。

がん細胞を兵糧攻め!「究極糖質制限」の威力
http://toyokeizai.net/articles/-/144042

「食事メニューの詳細、栄養の組み合わせなどは『ケトン食ががんを消す』に譲りますが、こうした高脂肪、高たんぱく、低糖質のケトン食に、抗がん剤や放射線などの化学治療を併用すると、患者のがん細胞が縮小、消滅する確率である「奏功率」がアップすることも、私の臨床研究で明らかになりました。」

抗がん剤や放射線などの化学療法を併用…?なぁんだ。そういうことか。

ちなみに放射線治療は化学療法ではありません。まぁそれはともかく。

「抗がん剤」と日本では呼びますが、本来は「遺伝子阻害剤」と言います。

がん細胞が増殖しないように、細胞分裂を阻害したり、DNAが複製できないような形に変えたりするものです。

糖質制限は、こうした遺伝子阻害剤との併用が原則なんですね。

だから、糖質はダメだけどたんぱく質は動物性でも植物性でも摂取して構わない、ということのようです。

しかし。たんぱく質からも「糖新生」は可能なんですが…。しかも糖新生に関わるのは腎臓と肝臓、免疫をつかさどる臓器でもあるので、あまり酷使したくないのですが…。



とりあえず。

「抗がん剤」と「糖質制限」。併用することの意味を考えてみましょう。



私の経験では、がんは熱に弱いです。

がんの民間療法には陶板浴による温熱療法や枇杷の葉温灸などありますが、確かに温めると楽になります。

というか

ボヤっと大きな塊だったがんが、温めると小さく、固くなります。最初はただ硬めの大きな塊だったのが、温めると「しこり」という表現がピッタリなものになるのです。

そして、この「しこり」はなかなか消えません。

「しこり」は熱にも強いようです。

うっかり運動をしてしまった後など、深夜に痛みます。その時は熱を持っています。冷やしたり、梅干湿布をしたりすると痛みは鎮まります。

おそらく、成長ホルモンの作用によって、血糖値が上げられ同化代謝が促され、がん細胞が増殖しているのです。



一方、糖分を摂取した時にも痛みは出ます。

甘いものを食べると、きゅーっと痛んで来たりします。

どうやら、甘いものを食べると血糖値がすぐに上がるらしいですね。味覚なのかそれ以外の理由なのか分かりませんが。インスリンもすぐに出るそうです。

上記の2種類の痛み。

同じがん細胞由来なのか?それとも別なのか???


こんな仮説を出している医師がいます。

「ガンは真菌であり、治療可能だ」

イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ(Tullio Simoncini)が出している説です。

  • 通常カンジダは、免疫系によって抑制されているが、免疫系が蝕まれて弱体化した時にカンジダは増殖し、「コロニー」の形成が可能になる。
  • ついには、そのカンジダが臓器に広がり、免疫系はその脅威に対して別の方法で反応しなければならなくなる。
  • この「方法」とは、それ自体の細胞で防御壁を形成することであり、この増殖を私たちはガンと呼んでいる。

なるほど。カンジダ真菌が作る「コロニー」、そしてそれを防御するための「細胞壁」。

この「コロニー」が糖質由来のものであれば、「糖質制限」で抑制可能なわけですね。

そういえば、がん細胞は白いことが多いが、それは糖の代謝生成物である乳酸が高分子化した「ポリ乳酸」であるとの説も見たことがあります。



そして「細胞壁」。民間の食事療法では動物性たんぱく質を制限することが多いのですが、この細胞壁の増殖を抑える目的なのですね。そして抗がん剤を使用していれば、この増殖は抑えられるのでたんぱく質を摂取しても大丈夫、と。



そしてその両方を抑え、少しずつ減らしていくことが出来れば、腫瘍は小さくなっていく可能性がある、と。

具体的には、血糖値をコントロールすることと体温を高めに保つことでカンジダ真菌のコロニー形成を阻害。

そして異常増殖した細胞壁の異化代謝を促すためにたんぱく質もある程度制限、筋力トレーニングなどの激しい運動は厳禁。



これでスッキリしました。



実は、昨年の夏頃は調子が良かったのです。

腫瘍がかなり小さくなり、コロニーはかなり減り異常な細胞壁は残り、これを小さく出来れば、と試行錯誤していたのですが。

そのうちにヘルニアになってしまい、入院中の筋力低下で日常生活もままならなくなり、糖質制限などを試してみたこともあり、結果、この冬はかなり悪化してしまいました。

少し焦りすぎたようです。



今度こそ、ゆっくりじっくり、焦らずに治していきたいと思います。

2017年1月 8日 (日)

新年のご挨拶 2017

あけましておめでとうございます。2017年初のブログ更新です。

年明けですので、今回はお料理の話をしましょう。


去年の暮、おせち料理を作りました。

2017

かまぼこ以外は手作りです。

今年は昆布巻や伊達巻も作ってみました。砂糖抜きなので普通のお総菜のような味です。そのかわり日持ちしません。お酒のおつまみにいい味なので、三箇日で殆ど食べきりました。



以前は、作るのは松前漬と煮しめ、あとは黒豆を煮るぐらいで、他は購入品をお重につめるだけでした。

なにしろ、料理が苦手でしたから。

というか、私は、自分は料理が下手だと思ってました。思い込んでました。

何故なら、自分の料理が不味かったからです。



例えば、野菜サラダ。野菜を洗って切って盛り付けるだけですから、簡単に出来ます。

一人暮らしを始めた頃、よく作りました。

しかし、そこに添えるドレッシング。

サラダ油、酢、塩胡椒。それを混ぜるだけ。超簡単なレシピです。

でも、私が作ると美味しくない。



なんで?



いろいろ分量変えてみても、他のものを混ぜてみても、不味い。

なので諦めて、市販のドレッシングを購入しました。こちらの方がよっぽど美味しい。

というわけで、食事は「食べられればいい!」と割り切り、インスタントでも外食でもファストフードでもなんでもいい、とつい最近まで添加物も気にせず大したこだわりもなく食べていました。

だって料理下手なんだもん。無理して料理教室通ったって上手くならないに違いない。

そんな中でも梅干と味噌だけは手作りの方が美味しかったので、これらはたまに作っていたのですが。



しかし乳がんが発覚してからは、食事に気を付けるようになり、添加物を極力避けるようになりました。

そうなると、調味料はほぼ総入れ替え。それまでもそこそこ安全で美味しい調味料を使っていたつもりでしたが、かなり変えなければいけませんでした。

冷蔵庫に眠っていたドレッシング類や焼き肉のたれの類は殆ど廃棄。

代わりに購入したのが太白ごま油や遺伝子組み換えしてない圧搾一番搾りのナタネ油、純玄米黒酢、丸大豆使用でアルコール添加などしていない醤油、海水塩、ミル付レインボーペッパーなどなど。

そして

これらの材料で改めてドレッシングを作ってみると、美味しいのです。

え?

調子に乗って、純りんご酢やワインビネガー、グレープシードオイルやアマニ油など、材料を変えてみたり、他のスパイスを入れてみたりしました。豆乳マヨネーズ作りにもチャレンジしたりしてみました。

やっぱり美味しい!!!

不思議でした。



昔作った時の材料は、大手メーカーが発売してる一般的な油と酢、専売の塩と粉末状になって小瓶に入っている大手の胡椒。

最初に作ったドレッシングが不味かったのは、材料が不味かった、ということ?私の料理の腕のせいではなかったの?

それに気付いてから、料理が楽しくなりました。



また、添加物の入っていないだし汁やドレッシングは応用が効くことを発見しました。だし汁は煮魚を作った後に野菜の煮物に使うとか、肉をつけておいて翌朝焼いてお弁当のおかずにするとか。

いいお醤油は高価なので、こうして大事に使うようになりました。

そして、スーパーマーケットでは生鮮食品と乾物以外は殆ど買い物しなくなりました。

無添加の食品は高価ですし、旅先やイベントで無添加のお土産物を見つけるとつい買ってしまうようになったりしてますので、添加物入りの食品を買わなくなったといっても食費はそれほど変わりません。しかし料理の質はかなり向上したように自負しています。



そんなわけで、がんという病気にはいろいろなことを教えてもらいました。

これからも、がんに教えてもらったあれこれを皆さんとシェアしていきたいと思います。



今年もよろしくお願いいたします。
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Sage's Link List

  • がん対策推進基本計画
    厚生労働省が平成24年に発表したもの。これによると、治療せずに様子を見る「経過観察」はしちゃダメ!なのかな?なんで?w
  • 国立がん研究センター
    食事療法については何も載っていません。アルコール摂取を控えましょう、肥満に注意しましょう、ぐらい。

Sage's Music List

  • サラ・ブライトマン: 神々のシンフォニー
    日本盤のみボーナストラック追加。
  • 3/8にリマスター発売。
    Pink Floyd: 狂気
    まさに「狂気の沙汰」ですね。
  • Walk This Way
    RUN D.M.C.:
    エアロスミスとのコラボ。
  • Somewhere I Belong
    LINKIN PARK: METEORA
    あるプログラムでの使用曲。
無料ブログはココログ